バイナンス(Binance)がドイツの投資会社CM-Equityと提携しヨーロッパでのサービス拡充目指す

バイナンス(Binance)がドイツの投資会社CM-Equityと提携しヨーロッパでのサービス拡充目指す

暗号資産(仮想通貨)取引所大手のバイナンス(Binance)が、ドイツの投資会社CM-Equity(シーエムエクイティ)との提携を7月23日に発表した。

CM-Equityはドイツ金融規制当局(BaFin)からライセンスを取得している企業。そのためバイナンスはCM-Equityを介すことによって、ヨーロッパに住むユーザーに対し高いセキュリティを保ちつつより多くのトレーディングサービスを提供できるようになるとのこと。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(チャンポン・ジャオ:CZ)氏は「CM-Equityとの提携により、バイナンスは現地の規制を確実に遵守しながらヨーロッパでのサービスを拡大することができるようになります」とコメントしている。

編集部のコメント

バイナンスは7月7日にデジタルウォレットとVisaデビットカードのプラットフォームであるSwipe(スワイプ)の買収を発表し、さらに7月14日には独自のVisaデビットカードであるBinance Cardのヨーロッパ地域での発行を発表しています。

バイナンスの直近の動向から、同社は決済事業への進出とヨーロッパ地域でのサービス拡大に力を入れていることがわかります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。