バイナンス(Binance)がドイツの投資会社CM-Equityと提携しヨーロッパでのサービス拡充目指す

バイナンス(Binance)がドイツの投資会社CM-Equityと提携しヨーロッパでのサービス拡充目指す

暗号資産(仮想通貨)取引所大手のバイナンス(Binance)が、ドイツの投資会社CM-Equity(シーエムエクイティ)との提携を7月23日に発表した。

CM-Equityはドイツ金融規制当局(BaFin)からライセンスを取得している企業。そのためバイナンスはCM-Equityを介すことによって、ヨーロッパに住むユーザーに対し高いセキュリティを保ちつつより多くのトレーディングサービスを提供できるようになるとのこと。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(チャンポン・ジャオ:CZ)氏は「CM-Equityとの提携により、バイナンスは現地の規制を確実に遵守しながらヨーロッパでのサービスを拡大することができるようになります」とコメントしている。

編集部のコメント

バイナンスは7月7日にデジタルウォレットとVisaデビットカードのプラットフォームであるSwipe(スワイプ)の買収を発表し、さらに7月14日には独自のVisaデビットカードであるBinance Cardのヨーロッパ地域での発行を発表しています。

バイナンスの直近の動向から、同社は決済事業への進出とヨーロッパ地域でのサービス拡大に力を入れていることがわかります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored