GMOコインが暗号資産(仮想通貨)OMGを取り扱い開始

GMOコインが暗号資産(仮想通貨)OMGを取り扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるGMOコインが、同取引所にて暗号資産オーエムジー(OMG)の取り扱いを7月22日より開始したことを、同日プレスリリースにて発表した。なお同通貨は同取引所の「販売所サービス」と「暗号資産FXサービス」で取り扱われるとのことだ。

またオーエムジー(OMG)の取り扱い開始は、国内の暗号資産取引所においてGMOコインが初となる。GMOコインが新たに暗号資産の取り扱いを開始したのは、3月のベーシックアテンショントークン(BAT)以来となる。

今回の新規通貨取り扱いでGMOコインは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)にオーエムジー(OMG)が加わり、合計9銘柄を取り扱うことになった。

編集部のコメント

オーエムジー(OMG)は、長谷川潤氏がCEOを務めるタイのオンライン決済スタートアップのOmise(現OMG Network)が発行主体のERC-20規格のトークンです。同社はインターネット上での資産のやり取りをよりスムーズにするためのプロジェクト「OmiseGO」を立ち上げ法人化しています。なお同プロジェクトのアドバイザーにはイーサリアム(Ethereum)の創設者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が参画しています。

またGMOコインと同日の7月22日には、国内暗号資産取引所であるFXcoinが暗号資産リップル(XRP)の取り扱い開始を発表しています。同取引所の今までの暗号資産の取り扱いはビットコイン(BTC)に続き、リップルの取り扱いで2銘柄目となりました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored