GMOコインが暗号資産(仮想通貨)OMGを取り扱い開始

GMOコインが暗号資産(仮想通貨)OMGを取り扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるGMOコインが、同取引所にて暗号資産オーエムジー(OMG)の取り扱いを7月22日より開始したことを、同日プレスリリースにて発表した。なお同通貨は同取引所の「販売所サービス」と「暗号資産FXサービス」で取り扱われるとのことだ。

またオーエムジー(OMG)の取り扱い開始は、国内の暗号資産取引所においてGMOコインが初となる。GMOコインが新たに暗号資産の取り扱いを開始したのは、3月のベーシックアテンショントークン(BAT)以来となる。

今回の新規通貨取り扱いでGMOコインは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)にオーエムジー(OMG)が加わり、合計9銘柄を取り扱うことになった。

編集部のコメント

オーエムジー(OMG)は、長谷川潤氏がCEOを務めるタイのオンライン決済スタートアップのOmise(現OMG Network)が発行主体のERC-20規格のトークンです。同社はインターネット上での資産のやり取りをよりスムーズにするためのプロジェクト「OmiseGO」を立ち上げ法人化しています。なお同プロジェクトのアドバイザーにはイーサリアム(Ethereum)の創設者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が参画しています。

またGMOコインと同日の7月22日には、国内暗号資産取引所であるFXcoinが暗号資産リップル(XRP)の取り扱い開始を発表しています。同取引所の今までの暗号資産の取り扱いはビットコイン(BTC)に続き、リップルの取り扱いで2銘柄目となりました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BMWやホンダらのMOBIが自動車業界標準規格発表、ビットバンクにクアンタム上場、コインベースがバイソン・トレイズ買収などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表、コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイズを買収、「住民票をブロックチェーンで管理、スマホで取得から認証まで」chaintopeが福岡県飯塚市と行政文書デジタル化社会実験開始、バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施、スイス証券取引所(SIX)に英コインシェアーズ(CoinShares)提供のビットコインETP、BITCが上場へ、デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結、ビットバンクが暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを1月27日に開始

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

デジタル資産のトレードプラットフォームを提供するINX社が、デジタル証券のセカンダリープラットフォームを提供するオープンファイナンス・セキュリティーズ(Openfinance Securities)社の買収に向けた確定契約が締結されたことを1月19日に発表した。