ユニセフとStaTwig(スタ・トゥイグ)がブロックチェーンを活用したコロナウイルスワクチンのサプライチェーン管理システムの構築・テスト実施とWEFが発表

ユニセフとStaTwig(スタ・トゥイグ)がブロックチェーンを活用したコロナウイルスワクチンのサプライチェーン管理システムの構築・テスト実施とWEFが発表

World Economic Forum(WEF:世界経済フォーラム)が、コロナウイルスのワクチンを世界で流通させるためにブロックチェーンが有用であることをレポート「How the massive plan to deliver the COVID-19 vaccine could make history – and leverage blockchain like never before」で発表した。レポートによるとユニセフ・イノベーション・ファンドとブロックチェーン開発企業StaTwig(スタ・トゥイグ)がブロックチェーンベースでコロナウイルスのワクチン・サプライチェーン管理プラットフォームを構築しているとのことこの目的は、国、州、地区レベル、そしてサプライチェーンのさまざまな段階で、すべての利害関係者がすべてのワクチンを完全に可視化できるようにするためとのことだ 

WEFはコロナウイルスのワクチンを開発することと同様に、世界規模でワクチンを流通させる方法を見つけることも重要であると伝えている。コロナウイルスのワクチンを世界規模で流通させるためには、これまで以上に大規模な製造とサプライチェーンの能力を構築する必要があるとのこと。

レポートではワクチンの輸送中や保管中に20~30%の損失が発生することを仮定すると、サプライチェーン上では100億回近くのワクチン投与が必要になると伝えている。さらにワクチンの投与に1人あたり2回分の投与量が必要な場合、190億以上の試験びんが必要になるとのこと。

そしてレポートではコロナウイルスワクチンのサプライチェーンで最も大切なのは公平さであると記載されている。誰が先にワクチンを手に入れるべきか、誰が先に買えるかではなく、世界的なコンセンサスが必要とのこと。

ワクチンの廃棄率を計算するために、コロナウイルスワクチンサプライチェーン情報システムは、ワクチンの保管レベル、温度管理、在庫切れ、付属品(希釈剤、注射器、注射針、ガラス瓶、ゴム栓、プランジャー、芯、冷蔵庫用灯油)の量などのパラメータをリアルタイムで追跡し、更新する機能を備えていなければならないとのこと。

レポートでは、コロナウイルスワクチンのサプライチェーンシステムに必要な要件を定義していった結果、ブロックチェーンと分散型台帳技術が不可欠であると考えられたと結論づけられている。 

編集部のコメント

コロナウイルスワクチンのサプライチェーン管理プラットフォーム構築には、WEFが発表した「Blockchain Deployment Toolkit」がとても役に立ったとのことです。「Blockchain Deployment Toolkit」はWEFの第4次産業革命センターによって開発されたこのツールキットは、信頼性、透明性、完全性に基づいたサプライチェーンの技術的に検証済みなファクトを構築するのに役立ち、新しいユースケースの展開を示唆しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/NatalyaBurova・Who_I_am・RRice1981)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。