フォビジャパンとブロックチェーン学習サービスPoLが協業開始

フォビジャパンとブロックチェーン学習サービスPoLが協業開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Huobi Japanを運営するフォビジャパン株式会社が、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)と協業を開始したことを7月21日発表した。

今回の協業第一弾として両社は、フォビジャパンに上場している取引所トークンである「Huobi Token(HT:フォビトークン)」を題材に、取引所トークンの仕組み、役割、エコシステムについて学べるカリキュラムを共同制作するとのこと。

HTは、暗号資産取引所Huobi Globalによって2018年に発行されたEthereumブロックチェーン上の分散型デジタル資産。Huobi Japanでは今年6月にHTの取扱いを開始している。

編集部のコメント

株式会社techtecが運営するブロックチェーンオンライン学習サービスPoLではBitcoinの他、ALIS、MakerDAO、Kyber Network、Braveなど複数のブロックチェーン関連企業とともに学習サービスのカリキュラムの作成を行ってきた実績があります。 またPoLでは学習することで獲得できる「PoLトークン」を発行しており、これまでに学習によって獲得された「PoLトークン」の量は100万PoLを超えているとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/nisaul-khoiriyah・SiberianArt・Panuwat-Sikham)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している