Coinbase(コインベース)がU.S.Secret Service(米国シークレットサービス)へブロックチェーン分析ソフトを4年契約18万3750ドルで提供

Coinbase(コインベース)がU.S.Secret Service(米国シークレットサービス)へブロックチェーン分析ソフトを4年契約18万3750ドルで提供

Coinbase(コインベース)が U.S. Secret Service(アメリカ合衆国シークレットサービス)へブロックチェーン分析ソフトウェア「Coinbase Analytics(コインベース・アナリティクス)」を提供していることがメディアThe Blockの報道によって明らかになった。

U.S.Secret Serviceはアメリカ合衆国国土安全保障省の一部であり、アメリカ大統領の保護に加えて、金融犯罪の調査を担当している。

U.S. Secret ServiceはCoinbase Analyticsを利用する契約を2024年5月9日までの4年契約で結んでいるとのこと。そして契約総額18万3750ドル(約1,963万円)とのことだ。

Coinbase Co-founder&CEOのBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は「ブロックチェーン分析ソフトウェアは何も新しいものではありません。実際に長い間利用されてきているものです。通常、ブロックチェーン分析ソフトウェアは一般に公開されているデータを使用して、暗号トランザクションを追跡しようとし、通常は悪質な行為者を捕まえるために使用されます」とコメントしている。

編集部のコメント

Brian Armstrong氏のツイートによると、Coinbase社は初期の頃、既存のブロックチェーン分析サービスのいくつかを利用してスタートしていたとのことです。しかしサードパーティーとデータを共有せねばならない、全ての機能やチェーンをサポートしていないなどの問題が存在していたようで、自社プロダクトを持つ決断に至ったようです。そしてそのためにブロックチェーン分析ソフトウェアを開発していたNewtrinoを買収しました。

Coinbase社はCoinbase Analyticsに係る買収コストや運用コストを回収するために、特定の機関と契約を結びサービスを提供している段階とのことです。実際にアメリカDEAやIRSもCoinbase Analyticsの利用について、関心を示していることがThe Blockの報道によって明らかになっています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。