米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表

米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表

米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画(Strategic Plan 2020-2024)」の最終決定版を7月8日に発表し、またデジタルアセットの扱いについても言及した。

「2020-2024の戦略計画」は今年5月に原案が発表され、30日間のパブリックコメントの募集期間を経て最終決定に至った。

CFTCは「健全なデリバティブ規制のグローバルスタンダードとなる」というビジョンを発表し、これらを実現すべく以下の5つの戦略を掲げた。
(1)デリバティブ市場の回復力と統合性を強化し、市場の活力を育む
(2)アメリカ人の利益を促進するためにデリバティブ市場の規制を行う
(3)イノベーションを奨励し、国内外の市場参加者の規制経験を向上させる
(4)ルール違反者に厳正な対処を行う
(5)CFTC独自のミッションに注力し、効率性の改善を行う

またCFTCはこの戦略計画の中で、暗号資産等のデジタルアセットについて「(2020-2024年に)デジタルアセットの責任あるイノベーションを促進するための包括的なフレームワークを開発する」と述べている。

編集部のコメント

米国の規制当局は現在ビットコインとイーサリアムを証券ではなく商品(コモディティ)として扱っています。そのためビットコインやイーサリアム関連の規制は、CFTCの管轄となっています(なお証券として取り扱いが行われる場合は、米国証券取引委員会:SECの管轄となります)。

実際にCFTCは、ビットコインの先物取引を扱うLedgerXやイーサリアムの先物取引を扱うErisXなどの取引所に対しては「DCM(指定契約市場)」と呼ばれるライセンスの発行を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr・kentoh)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。