(Basset代表取締役竹井悠人氏のコメント追記)ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース

ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース

ブロックチェーンセキュリティー企業「Basset」が、暗号資産(仮想通貨)事業者や開発者に向け、AML/CFT(資金洗浄およびテロ資金供与の対策)リスクを自動評価するAPIをリリースしたことを発表このAPIのリリースの目的はサービス利用者が安全な取引を実施できるようにすることとのことだ。 

Bassetはブロックチェーン、暗号資産関連のスタートアップでもこのAPIを利用できるようにするために、初期導入費用をなくし従量課金モデルを導入している。

この暗号資産リスク分析 API は無料、ベーシック、プロ、の3 種類の価格体系で提供される。 無料:APIの利用、ブロックチェーン情報の取得。 ベーシック(1取引50円):APIの利用、リスクスコア取得。 プロ:1取引100円:APIとブラウザ、リスクスコア、スコア内訳、取引グラフ、ケース管理などを取得する。

なおこのAPI は、暗号資産を扱うプラットフォームに対して利用者から入金・出金要求があった際に資金の流れの健全性を毎回チェックするために使われることを想定しているとのことだ。

追記開始:7月3日18時

あたらしい経済編集部は株式会社 Basset 代表取締役の竹井 悠人氏へ取材を行った。

ーコンソーシアム・パブリックチェーンを含め、現状のAML/CFTはどれほどのレベル感だと考えられますか?金融業界のレベルと比べて、説明してくださいませ。

現状のコンソーシアム・パブリックチェーンを含めて、AML/CFTはどれほどのレベル感だと考えられますか?金融業界のレベルと比べて、説明していただけると幸いです。

結論から申しますと、AML/CFT への意識の大小は「メガバンク3行 > 暗号資産業界 > 地方銀行」 となります。これら3つそれぞれのポイントを伝えていきます。

メガバンク3行は、非常に意識も実際の運用もレベルが高い グローバルなシステム上重要な銀行 (G-SIBs) に指定されている中、 世界の決済におけるハブとしての役割を金融庁からも長らく期待されてきました。 FATF の対日審査の点数などを通して、国際社会から日本には以前から強いプレッシャーがかかっていたので、 金融庁としては国としての面目を背負う中、メガ銀行に対しては厳しい指導を入れてきたとも聞いています。 したがって、AML/CFT に対しては、その厳格さ・技術・経験・意識すべての観点で、メガバンク3行が最も高いです。

2018年の業務改善命令以降、暗号資産業界はもともと匿名性が高いといわれていたことも後押しして、 金融庁によって厳しく顧客保護や AML/CFT に関する指導が入りました。 その後2019年のFATFによるルールの追加でのインパクトもあり、各社で意識の新鮮さがあって、 対応も非常に努力しているという印象があります。

来年・再来年にもまた新たな法改正が行われるのではないかという噂も聞かれるなかで、 私たちが営業している先のコンプライアンスの担当者も、みなかなり努力しているように窺えます。なお、大手の都市銀行と同じレベルくらいではないかと思います。 ただ、現場でAML/CFTに対応するための技術レベルは、まだまだこれから、といったところです。

地方銀行では、AML/CFTの専門知識を持った行員が大手銀行に転職してしまっている現状があります。なのでコンプライアンスの確保は非常にコストなどが費やされるにも関わらず、 地方銀行AML/CFTを詳細に理解している人材は非常に限られている現状です。 また予算の観点でも制約が強く、CDD (顧客の継続モニタリング) などが十分にできていないとも言われています。

追記終了

編集部のコメント

各金融機関や金融サービス事業者では、CDD (Customer Due Diligence) と呼ばれる顧客情報の管理プロセスが非常に重要とされています。そしてCDDはブロックチェーン業界においても非常に重要なものだと考えられます。

Bassetのようなブロックチェーンに特化したセキュリティ企業が監査法人などと連携して、デジタル化されたお金の流れや暗号資産などのリスク管理を徹底して監査を行うことは、永続的な業界の発展にとって極めて重要なことだと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Tuadesk・a-image)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。