バイナンスがVISAカードでの暗号資産購入が180か国に対応したことを発表

バイナンスがVISAカードでの暗号資産購入が180か国に対応したことを発表

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同取引所でのVISAのクレジットカードまたはデビットカードを利用した暗号資産の購入が180か国に対応したことを6月19日発表した。

VISAカードにて対応する通貨はBTC、ETH、BNB、XRP、BUSD、USDTの6銘柄となっている。購入後は数秒でバイナンスアカウントへ着金するとのこと。また購入はバイナンスのウェブサイトとアプリ共に対応が可能とのことだ。

プレスリリースによるとVISAカードでの暗号資産購入は、19日時点で欧州経済領域(EEA)諸国、イギリス、ロシア、ウクライナ、ラテンアメリカ、カリブ海地域、北アメリカにて行うことができ、22日にはアジア太平洋地域、23日には中東とアフリカにて同サービスの対応を予定しているとのこと。ただしオーストラリア、ベラルーシ、ブラジル、カナダ、コンゴ、クリミア、キューバ、イラン、イラク、北朝鮮、スーダン、シリア、アメリカ、ジンバブエでは対応を行っていないとのことだ。

編集部のコメント

これまでバイナンスではVISAカードでの暗号資産の購入対応を昨年12月に欧州経済領域(EEA)諸国31ヵ国の居住者向けに開始し、今年4月にはコロンビア、韓国、ケニア、カザフスタン、ペルーの5か国を対応国として追加しました。

昨年12月以前にもバイナンスではサードパーティーによるクレジットカードでの仮想通貨の購入はできたものの、業者へ手数料を支払う必要がありました。直接バイナンスで処理ができるようになったことでコスト削減に繋がっているといえます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/inkoly)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。