IoT企業EVRYTHINGとブロックチェーン企業Arianeeが提携し高級ブランド品の真正性を証明

IoT企業EVRYTHINGとブロックチェーン企業Arianeeが提携し高級ブランド品の真正性を証明

IoT企業EVRYTHING(エブリシング)がブロックチェーン企業Arianee(アリアニー)と提携し、ブロックチェーン技術を利用した高級ブランド品の真正性証明の実現を目指すことを6月17日にプレスリリースにて発表した。

EVRYTHINGはQRコードやNFTを用いて製品にデジタルIDを割り当てるIoT技術を開発する企業。同社はデジタルIDを付与した製品を追跡し、材料調達から製造、小売り、リサイクルに至るまでのデータを収集している。同社の顧客にはラルフローレン、プーマ、コカ・コーラなどがある。

Arianeeはデジタル証明書を発行して高級ブランド品を認証するブロックチェーンプラットフォームを開発する企業。同社が運営するブロックチェーンコンソーシアムにはカルティエやダンヒルなどのブランドを持つリシュモン財閥などが参加している。

高級ブランド品の偽造はブランド企業にとって長年の問題となっており、EVRYTHINGのデジタル化技術・追跡技術とArianeeのブロックチェーンを用いた証明技術によって、偽造品の排除を目指すとのことだ。

またEVRYTHINGはEVRYTHING Blockchain Integration Hubというサービスを提供している。これは顧客となるブランドにとってどのブロックチェーンソリューションと機能が適しているかを費用対効果の側面から提案し、ブロックチェーンソリューションの活用を支援するサービスとなっている。

EVRYTHING Blockchain Integration(インテグレイション) Hubには現在、IOTA、OriginTrail、Tierion、BLOCKv、Bitcoin、Ethereumが含まれており、ここにArianeeが加わることで、顧客はより多様な選択肢からブロックチェーンソリューションを選ぶことができるようになるとのことだ。

編集部のコメント

2018 Global Brand Counterfeiting Report(グローバルブランド偽造報告書)によると高級ブランドの偽造品による売り上げの損失額は、オンラインだけでも303億ドル(約3兆2,400億円)を超えており、ブランド企業にとっても無視できない規模になっています。

そこで注目されているのが、今回のような製品へのIDの付与と流通経路の監視です。製品一つ一つにデジタルIDを付与し製造から消費までを監視するという方法はかなりコストがかかるため、単価の安い消費財などへの実装をすることは難しい場合もありますが、高単価な高級ブランド品にとってはとても相性が良いソリューションではないかと考えます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/LuckyStep48・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/19の話題】ビットコインが6ヶ月ぶりの高値で推移、バイナンスコインのトークンバーンなど(音声ニュース)

ビットコイン、ETFの期待とインフレ懸念から、6ヶ月ぶりの高値で推移、ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加、米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場、バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン、NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開、レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した

【10/18の話題】フォビジャパンが第一種金融商品取引業者の登録、米SECが「BTC先物ETF」初承認など(音声ニュース)

フォビジャパン、第一種金融商品取引業者の登録完了。証拠金取引サービス再開へ、米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、18日から取引所で取扱へ、野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加、米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ、テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに、米スクエア、ビットコインマイニング事業を開始か、ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加、ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも、アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行