IoT企業EVRYTHINGとブロックチェーン企業Arianeeが提携し高級ブランド品の真正性を証明

IoT企業EVRYTHINGとブロックチェーン企業Arianeeが提携し高級ブランド品の真正性を証明

IoT企業EVRYTHING(エブリシング)がブロックチェーン企業Arianee(アリアニー)と提携し、ブロックチェーン技術を利用した高級ブランド品の真正性証明の実現を目指すことを6月17日にプレスリリースにて発表した。

EVRYTHINGはQRコードやNFTを用いて製品にデジタルIDを割り当てるIoT技術を開発する企業。同社はデジタルIDを付与した製品を追跡し、材料調達から製造、小売り、リサイクルに至るまでのデータを収集している。同社の顧客にはラルフローレン、プーマ、コカ・コーラなどがある。

Arianeeはデジタル証明書を発行して高級ブランド品を認証するブロックチェーンプラットフォームを開発する企業。同社が運営するブロックチェーンコンソーシアムにはカルティエやダンヒルなどのブランドを持つリシュモン財閥などが参加している。

高級ブランド品の偽造はブランド企業にとって長年の問題となっており、EVRYTHINGのデジタル化技術・追跡技術とArianeeのブロックチェーンを用いた証明技術によって、偽造品の排除を目指すとのことだ。

またEVRYTHINGはEVRYTHING Blockchain Integration Hubというサービスを提供している。これは顧客となるブランドにとってどのブロックチェーンソリューションと機能が適しているかを費用対効果の側面から提案し、ブロックチェーンソリューションの活用を支援するサービスとなっている。

EVRYTHING Blockchain Integration(インテグレイション) Hubには現在、IOTA、OriginTrail、Tierion、BLOCKv、Bitcoin、Ethereumが含まれており、ここにArianeeが加わることで、顧客はより多様な選択肢からブロックチェーンソリューションを選ぶことができるようになるとのことだ。

編集部のコメント

2018 Global Brand Counterfeiting Report(グローバルブランド偽造報告書)によると高級ブランドの偽造品による売り上げの損失額は、オンラインだけでも303億ドル(約3兆2,400億円)を超えており、ブランド企業にとっても無視できない規模になっています。

そこで注目されているのが、今回のような製品へのIDの付与と流通経路の監視です。製品一つ一つにデジタルIDを付与し製造から消費までを監視するという方法はかなりコストがかかるため、単価の安い消費財などへの実装をすることは難しい場合もありますが、高単価な高級ブランド品にとってはとても相性が良いソリューションではないかと考えます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/LuckyStep48・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる

BMWやホンダらのMOBIが自動車業界標準規格発表、ビットバンクにクアンタム上場、コインベースがバイソン・トレイズ買収などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表、コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイズを買収、「住民票をブロックチェーンで管理、スマホで取得から認証まで」chaintopeが福岡県飯塚市と行政文書デジタル化社会実験開始、バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施、スイス証券取引所(SIX)に英コインシェアーズ(CoinShares)提供のビットコインETP、BITCが上場へ、デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結、ビットバンクが暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを1月27日に開始