暗号資産デビッドカード発行会社Wirecardが連結財務諸表の信託残高19億ユーロの監査証拠を得られていないと報告

暗号資産デビッドカード発行会社Wirecardが連結財務諸表の信託残高19億ユーロの監査証拠を得られていないと報告

暗号資産デビッドカードの発行会社Wirecard(ワイヤーカード)が、連結財務諸表に連結すべき信託勘定の現金残高が19億ユーロ(連結貸借対照表合計の約4分の1)であることについての十分な監査証拠が得られていないと、監査人EY(Ernst & Young Germany) から指摘を受けたことを発表。信託勘定とは、顧客から受託している財産を処理する経理上の勘定のことだ。

この件における信託勘定は、顧客がデビッドカードを利用してWirecardがお店などの債権者側に支払う債務合計額のこと。

Wirecardは第三者によって、監査人を欺くために本来存在するはずない偽りの信託勘定を存在させられた可能性があると伝えている。現在、監査人と協力して、早急に状況の解明に向けて集中的に取り組んでいるとのこと。

この問題を受けて、Wirecardは2019年の年次および連結財務諸表の公表を3度目の延期。そして2020年6月19日までに認証済みの年次および連結財務諸表を公開できない場合、約20億ユーロにのぼる連結子会社のWirecard AGへの融資を打ち切るとのこと。

編集部のコメント

暗号資産やブロックチェーン領域での監査の重要性が垣間見える事件だと思われます。ステーブルコインなどで指摘されているサードパーティー問題も監査法人などの適格機関が関わることで、透明性は高まると考えられます。今回の件は問題の指摘と対応が早いのでとても良いと思います。第三者はどのように架空の残高を記載したのかの原因を共有してもらいたいと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表