米国流通標準化団体「GS1 US」のブロックチェーンを利用した食品トレーサビリティの概念実証第1フェーズ完了

米国流通標準化団体「GS1 US」のブロックチェーンを利用した食品トレーサビリティの概念実証第1フェーズ完了

米国流通標準化団体「GS1 US」が、ブロックチェーンプラットフォームを利用した食品トレーサビリティのPoC(概念実証)の第1次フェーズを完了したことを6月11日Ledger Insightsが報じた。

「GS1 US」は、サプライチェーンのコード管理及び標準化活動を行う国際機関CS1の米国メンバー。本部はベルギーの首都ブリュッセルにあり、現在GS1には世界110以上の国・地域が加盟している。

今回発表されたPoCの第1次フェーズで使われたのは、IBM Food Trust、ripe.io、FoodLogiQ、SAPのプラットフォーム。FoodLogiQとSAPのプラットフォームでは、ブロックチェーンだけでなくクラウドなどその他の技術を利用したプラットフォームも使用がされたとのことだ。

なおIBM Food Trustは米IBMが開発元のHyperledger fabric基盤で開発がされており、米国食品技術スタートアップのripe.ioのプラットフォームはR3社のCorda Enterpriseを使用して、Microsoft Azureによって開発がされている。

このPoCでは、より迅速かつ効率的な食品リコールを可能にするために、水産物サプライチェーンにおけるGS1の規格EPCISを使用した実験が行われた。

EPCIS(Electronic Product Code Information Services)は、電子タグを用いて可視化のシステムをつくる場合に役立つGS1の標準仕様。EPCISによって企業内および企業間で可視性イベントデータの作成と共有ができる。電子タグやバーコードを読み取った場合でもEPCISサーバーにデータを蓄えることが可能。

PoCで実証されたのは、(1) 4つの各トレーサビリティプラットフォームが標準に基づいた物理的なイベントデータを作成し、共有することができた。(2) 各プラットフォームは共有されたデータを消費して製品のトレースを構築することもできた。なお 3つのプラットフォームは分散型台帳を活用し、1つはデータのためにクラウドベースのストレージを利用をしたとのこと。

そしてPoCの第二段階以降は、サプライヤー、流通業者、小売業者、外食企業などの業界参加者にEPCISを導入して実証を行うとのことだ。

(images:iStock/LuckyStep48・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

楽天ヨーロッパとチリーズ提携、スノーデン氏NFTオークション開催などのニュース解説ラジオ

楽天ヨーロッパとチリーズ(Chiliz)提携、楽天ポイントとファントークン交換可能に、エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催へ、損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス、米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に、【取材】HashHubレンディング、BitGoウォレットとカストディを採用(代表取締役CEO平野淳也)、コインベース株2億4600万ドル相当を購入、アーク・インベストメント・マネジメント、バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始、イーサリアムの大型アップグレード「ベルリン」完了、テゾス(Tezos)でセキュリティトークン発行、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携、エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入、シードVC「NOW」が最大100億円規模の2号ファンド設立、ブロックチェーン領域への投資も検討

現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携

グローバルアートマーケットプレイス TRiCERA ART(トライセラアート)を運営する株式会社TRiCERAが、ブロックチェーンソフトウェア企業であるCurvegrid社、 NFTマーケットプレイスを運営するZoraと技術パートナーシップを締結したことを4月16日発表した。このパートナーシップ締結によりTRiCERA ARTにNFTの取引機能を統合する。これによりTRiCERAはアーティストの利益を最大化する市場構造を創出していくとのこと。

エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社がNFT事業に本格参入することを4月16日発表した。このことはIPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的としているとのこと。またこれに伴いエイベックス・テクノロジーズは、同社が開発したブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させるNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」の提供を開始する。