米Geminiがゴールドマンサックス元幹部を採用しアジア進出の動きを加速か

米Geminiがゴールドマンサックス元幹部を採用しアジア進出の動きを加速か

アメリカ暗号資産(仮想通貨)取引所のGemini(ジェミナイ)がゴールドマンサックス元幹部の採用とシンガポールでのライセンス取得を計画していることを明らかにしたとThe Blockが報じた。

Geminiはゴールドマンサックス幹部であったJeremy Ng (ジェレミー・ン)氏をアジア地域のマネージングディレクターとして採用し、同社のアジア太平洋地域への進出の動きを加速させている。ジェレミー・ン氏はゴールドマン・サックスで、香港とシンガポール地域の証券部門の責任者を務めていたとのこと。

またGeminiはシンガポールの金融規制当局であるシンガポール通貨庁(MAS)からシンガポール国内でのライセンス取得も計画しているとのこと。ちなみにMASは2020年初頭に、シンガポール国内で営業するすべてのクリプトビジネスにMASへの登録と金融ライセンス取得を義務付ける新しい決済法を可決している。

Geminiの広報担当者は「私たちは今年の初めに(シンガポールで)ライセンスを申請する意向を示していました。今ではライセンスを申請するための要件が整っています。またそのためにCCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)を雇用しました」とThe Blockの取材に対して答えている。

編集部のコメント

The Blockの取引量指数によると、Geminiの世界全体での取引量シェアは0.81%に及ばないことが明らかになっています。2020年5月のGeminiの取引高は8億6,230万ドルで、Coinbaseは111億5,000万ドルとなっています。

「なぜGeminiの取引量が低ボリュームなのか?」という疑問に対して、クリプトトマーケットメーカー「B2C2」の創設者であるMax Boonen(マックス・ブーネン)氏は「これまでGeminiは機関投資家のためのサービス提供にフォーカスしてきました。市場に存在する機関投資家の多くは、従来の金融市場と同様に、OTC(店頭取引)を好む傾向があるのでリテール取引のように取引量に現されないのです」とThe Blockに対して答えています。

一方でGeminiはChainlink、Basic Attention Token、Daiなどリテール投資家向けの通貨をリスティングをしたこともあって、戦略変更を行なっている可能性もあります。

米国国内の機関投資家向けの暗号資産ビジネスは一旦飽和していて、アジア、ヨーロッパ市場へ参入が激化していくような流れを感じます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock /antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。