(コインチェック広報担当者コメント追記)コインチェックがブロックチェーン技術を活用したSaaS型株主総会業務支援事業の検討開始を発表

(追記あり20時30分)

コインチェックがブロックチェーン技術を活用したSaaS型株主総会業務支援事業の検討開始を発表

コインチェック株式会社がSaaS型の株主総会業務支援事業の検討を開始したことをプレスリリースで発表した。同事業で提供されるサービスは、ブロックチェーンを活用し議決権行使の改竄リスクを排除するシステムの実装も検討しているとのことだ。

なおプレスリリースに伴い、バーチャル出席型の株主総会の開催を検討する企業向けの問い合わせ窓口を6月8日より開設したとのこと。

SaaS型の株主総会支援事業を検討した背景には、2019年6月に閣議決定された成長戦略のフォローアップをうけ、経済産業省主導のもと有識者による議論がなされ、2020年2月にハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイドが公開され、具体的な実施方法などが示されインターネットを取り入れた新たな株主総会の在り方に注目が集まり始めているからとのこと。

コインチェック社のSaaS型の株主総会支援事業の狙いとしては、暗号資産取引所のアプリ運用などで培ってきたUI/UXのノウハウを活かしたサービス提供をし、株主総会への参加をより身近なものに変え資産運用や投資を始めるきっかけを提供することとのことだ。

あたらしい経済編集部はコインチェック広報担当者へ「1.SaaS型の株主総会支援事業にブロックチェーンを使うメリットとは何か?2.現状の株主総会におけるクリティカルな課題とは何でしょうか?」と質問を投げかけた。

-SaaS型の株主総会支援事業にブロックチェーンを使うメリットとは何でしょうか?

ブロックチェーンを活用することで、議決権行使の改竄リスクを排除できるなどの可能性があると考えています。
ただし、当社の事業ではブロックチェーンありきでは考えておらず、ブロックチェーンの実装などを含めた具体的なサービスの仕様は、ユーザーのニーズを踏まえて今後、決めていく予定です。

-現状の株主総会の最もクリティカルな課題はなんだと考えられていますか?

今回より現場の課題を調査すべく、問い合わせフォームなどを設置しました。
今後はその調査を踏まえ、より使いやすいサービスを提供できるようしていきたいと考えてます。

編集部のコメント

経済産業省はハイブリッド型バーチャル株主総会について、リアル株主総会を開催しつつその場に在所しない株主についてもインターネット等の手段を用いて遠隔地からこれに参加または出席することを許容する株主総会である、と定義しています。

こう言った株主総会の支援をするサービスは今後もたくさん出てくると想定できますが、今回のコインチェックのサービスはブロックチェーンを活用するという点が他との差別化になるかもしれません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock /Aleksei_Derin・liuzishan)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。

米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か

アメリカ投資会社ヴァレンタス・キャピタル・マネジメント(Valentus Capital Management )が、独自の暗号資産(仮想通貨)の公開販売を通じて、約264億円(2億5000万ドル)規模のファンド運用資金の一部を調達する予定だとヴァレンタス・キャピタル・マネジメントの最高幹部が9月23日にロイター通信のインタビューで語った。

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。