フレセッツが暗号資産(仮想通貨)ウォレットユーザーのプライバシー向上技術開発に成功

フレセッツが暗号資産(仮想通貨)ウォレットユーザーのプライバシー向上技術開発に成功

フレセッツ株式会社が暗号資産(仮想通貨)ウォレットユーザーのプライバシー向上に関する新技術の開発に成功したことを6月8日発表した。

フレセッツ株式会社は⼤規模事業者向けに暗号資産ウォレット管理システムを提供する企業。

今回発表された新技術では、暗号技術「プライベート情報検索(Private Information Retrieval:PIR)」を用いることで、ユーザーのもつ暗号資産の残高や履歴といったプライベートな情報をサーバ側に一切知られることなくサーバから取得することができるとのこと。また同新技術はPoC実装に成功しているとのことだ。

なお今回のPoC実装では、完全準同型暗号ライブラリ「Microsoft SEAL」を用いたPIR実装「Microsoft Seal PIR」を独自に改良したものを用いて行われているとのこと。

暗号資産ウォレットは、ユーザの残高情報に相当する「Unspent Transaction Output (UTXO)」と呼ばれるデータセットや、送金・入金されたトランザクションの一覧をいずれかのサーバーに問い合わせ、これを必ず取得する必要がある。しかしどのアドレスがクエリされたかといった情報をもとに、ユーザの持つ暗号資産のアドレス、残高、履歴などがサーバに筒抜けになってしまい、特に巨額の暗号資産をもつユーザに対しては大きなプライバシー上の懸念があったとのこと。

そこで今回新たに開発された技術を用いることで、サーバーにどのようなクエリが発行されたのかが数学的にわからない状態で情報の取得を行うことができるため、プライバシー上の懸念は払拭されるとのことだ。

PoCの実装はビットコインのメインネット上に存在する約5,400万件のUTXOセットを対象に市場価格6万円程度の廉価PC(Intel NUC BOXNUC8I7BEH)で行われた。その結果、検索速度が約2.2秒、UTXO一件あたりの取得速度は約40ミリ秒の実測値が表れたとのこと。

PIRのビットコインへの適用可能性はビットコインの国際学会に相当する「Scaling Bitcoin 2019」でも提言されていたが、このアイディアを実装し現実的な処理時間で検索が行えるものは今回開発された新技術が世界初となるとのことだ。

編集部のコメント

フレセッツ株式会社は、主に暗号資産(仮想通貨)交換業者向けの暗号資産ウォレット管理システム(EWM)やブロックチェーン技術者の育成プログラムなどを提供をしています。

同社は今年1月に、日本企業として初めてMPCアライアンス(暗号化による秘匿技術の研究と普及を目指す組織)へ加盟したことを発表していました。

なおプレスリリースによるとPIRによるビットコインのアクセス秘匿化は、
(1)サーバ側でUTXOセットをビットコインアドレスの昇順でソートし、それに対してクライアント側から二分探索をかけることで目的のUTXOセットの位置を探索する。
(2)ひとつのアドレスに対して複数のUTXOが対応する可能性があるため、単純な二分探索ではなく、レンジ探索つきの二分探索を行う。
(3)レンジ探索つきの二分探索によって目的のUTXOセットのインデックスの範囲を洗い出した後に、実際にUTXOセットに対してクエリを発行し、目的のUTXOセットを入手する。

といった流れによって行われるとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /dalebor・gintas77)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。