ブロックチェーン利用のグルメSNSシンクロライフが2.8億円の資金調達

ブロックチェーン利用のグルメSNSシンクロライフが2.8億円の資金調達

ブロックチェーンを利用したグルメSNSシンクロライフを運営する株式会社GINKAN(ギンカン)が約2.8億円の資金調達を行ったことを6月2日発表した。

シンクロライフは、ユーザーが世界中の「優良な飲食店」を発掘し、レビュー投稿などでお店を応援することでリワードとして暗号資産(仮想通貨)が貰えるグルメSNS。現在21万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されているとのこと。

今回の資金調達は株式会社MTG Venturesをリードインベスターとする第三者割当増資により行われた。なお今回の調達によりGINKAN社の累計資金調達額は約4億円となるとのこと。

今回の資金調達の引受先は株式会社MTG Venturesの他、株式会社ギフティ、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社セレス、三生キャピタル株式会社、株式会社オークファン、株式会社DDホールディングスベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社エスエルディーの9社が参加している。

GINKANの代表取締役CEOである神谷知愛(カミヤトモチカ)氏はリリースにて「(当社は)飲食店向けにグルメSNSプラットフォームを開放し、トークンエコノミーによる飲食業界の広告モデルのディスラプトで、飲食店のマーケティング課題に取り組んできました。新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受ける飲食業界のためにも、アフターコロナまでを一気通貫で活用頂けるサービス提供に取り組み、飲食業界の未来に貢献していきたいと思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

GINKANの提供するシンクロライフは、ブロックチェーンを活用し、優良なレビュアーへの暗号資産の報酬や、食事代金からの暗号資産の還元などが行える、トークンエコノミー型のグルメSNSです。

またAIによって、5秒で美味しいお店を検索できるレコメンド機能を搭載しており、レストラン検索の煩雑さを解消するグルメアプリとのことです。現在155カ国と4言語(日本語、英語、韓国語、中国語)で展開。iOS版とAndroid版を公開しており、口コミは21万件、掲載店舗数は10万店舗を超えているとのことです。

シンクロライフはSNS形式での口コミ投稿アプリとしてサービスを開始し、2018年8月からはレビュアー・口コミの信頼スコアに応じて暗号資産「シンクロコイン」を付与を始め、2019年7月1日より、シンクロライフのユーザーが、シンクロライフの加盟店で飲食することで、会計金額の1%〜5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗号通貨「シンクロコイン・SYC」を受け取れるサービスの提供を開始していました。なお現在日本国内においては将来的に「シンクロコイン(SYC)」へ1対1で交換可能となる「シンクロポイント」(ロイヤリティポイント)が付与されています。

またGINKANは2019年7月に三菱UFJニコスとともにクレジットカード決済によって暗号資産が還元されるスキームの実証実験を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock /antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国配車サービスDiDiやTikTokのBytedanceらがデジタル人民元の試験運用参加か、Coibaseが直接上場による株式公開検討か、CFTCが2020-2024の戦略計画発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の配車サービスDiDiやTikTok運営のBytedanceらがデジタル人民元(DCEP)の試験運用に参加か、米暗号資産(仮想通貨)取引所Coibaseが2020年後半に直接上場による株式公開を検討か、米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表、Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携、ネットラーニングがデジタル修了証明書「オープンバッジ」を発行開始

(コメント追記:大同生命 共創戦略室課長 土川陽平氏/ディーカレット ビジネスアライアンスグループヘッド 葉山揚介氏)大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

T&D保険グループの大同生命保険株式会社と株式会社ディーカレットが2020年7月7日よりデジタル通貨発行に関する実証実験を開始したことを発表。目的は生命保険業へのデジタル通貨やブロックチェーンの応用可能性の検証とのことだ。

ChainalysisがシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、VolvoがBC企業Circulorに出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールで上場予定かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールの取引所で上場予定か、「bitFlyer広報担当者コメントあり」bitFlyerとBrave Softwareがウォレット開発で業務提携を発表、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)がブロックチェーンによる半導体の供給網管理システム構築へ