BMWが韓国でブロックチェーンベースのリワードプログラムを発表

 

BMWが韓国でブロックチェーンベースのリワードプログラムを発表

ドイツの自動車メーカーBMWの韓国支社であるBMW Koreaが、ブロックチェーンベースのリワードプログラム「BMW Vantage」を6月1日発表した。

「BMW Vantage」を利用することで顧客は、車両の購入などで得られるBMWのポイントを「コイン」として集め、集めたコインを支払いや割引に使用することができる仕組みだ。コインの使用用途は様々で、車体のメンテナンス、空港送迎サービス、新車の購入、ギフトやクーポンなどが用意されている。また将来的には交通・旅行・教育など業界の垣根を越えてサービスを利用できるようになる予定とのこと。

また顧客はBMWで新車を購入することでモバイルアプリとして「BMW Vantage」の登録を行うことができ、そこでコインの管理ができるとのことだ。

BMWはこのようなオープンプラットフォームを介することで、日常の中にBMWを体験できるような様々なサービスを提供し顧客との接点を増やす狙いのようだ。

また今回の発表でBMW Koreaは「BMW Vantage」の試験的な導入として、同社で直近3年間のうちに車を購入した顧客から応募を募り、先着1,000名に30,000コインをプレゼントすることも併せて発表した。

BMWは今年後半には「BMW Vantage」を韓国で正式リリースし、のちにグローバル展開することを計画しているとのことだ。

編集部のコメント

BMWはブロックチェーンプロジェクトに積極的です。同社はホンダ、フォード、ルノー、GMなどの自動車メーカーが中心となって立ち上げた自動車ブロックチェーンコンソーシアムMOBI(Mobility Open Blockchain Initiative)のメンバーであり、2019年10月にはMOBIによるブロックチェーンを利用した車両ネットワークの実証実験にも参加しています。以前にはエンタープライズ向けブロックチェーンを提供するVeChainと提携し、ブロックチェーンを利用して中古車の走行距離を記録するアプリの開発なども行っています。また今年4月にはブロックチェーンを使って自動車部品のトレーサビリティを確保するPartChainプロジェクトを発表しています。

ちなみにリワード・プログラムとは、一定期間忠実に利用した優良顧客や会員などに対して、インセンティブを提供するマーケティング施策のことをいいます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock /Nelli Velichko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定

韓国の通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンを利用した釜山市地域通貨「トンベッジョン(Dongbaekjeon)」を利用したオンラインモール「トンベッモール(Dongbaek Mall)」をローンチする計画があることを11月25日にLedgerinsightsが報じた。韓国語で「トンべッ」は椿の意味があり、掛け言葉として地域活性化もあらわすとのことだ。また釜山市はQRコードモバイル決済のローンチを間近に控えていることも発表している。

LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施

LINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社が2020年9月から2021年3月までの期間にて実施される「マイナポイント事業」において、「マイナポイント」申込みキャンペーン第3弾の実施することを11月25日発表した。

米セキュリタイズがデジタル証券サービス提供可能に、香港証券取引所がBCベースの資産取引後決済プラットフォーム試験導入へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ、香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が証拠金取引サービスを終了へ、SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ

香港証券取引所(HKEX)がデジタルアセット開発企業のデジタルアセット(Digital Asset)社の提供するスマートコントラクト言語「DAML」を活用した新しい取引後決済プラットフォーム「HKEX Synapse」を立ち上げる計画を11月24日に発表。