BMWが韓国でブロックチェーンベースのリワードプログラムを発表

 

BMWが韓国でブロックチェーンベースのリワードプログラムを発表

ドイツの自動車メーカーBMWの韓国支社であるBMW Koreaが、ブロックチェーンベースのリワードプログラム「BMW Vantage」を6月1日発表した。

「BMW Vantage」を利用することで顧客は、車両の購入などで得られるBMWのポイントを「コイン」として集め、集めたコインを支払いや割引に使用することができる仕組みだ。コインの使用用途は様々で、車体のメンテナンス、空港送迎サービス、新車の購入、ギフトやクーポンなどが用意されている。また将来的には交通・旅行・教育など業界の垣根を越えてサービスを利用できるようになる予定とのこと。

また顧客はBMWで新車を購入することでモバイルアプリとして「BMW Vantage」の登録を行うことができ、そこでコインの管理ができるとのことだ。

BMWはこのようなオープンプラットフォームを介することで、日常の中にBMWを体験できるような様々なサービスを提供し顧客との接点を増やす狙いのようだ。

また今回の発表でBMW Koreaは「BMW Vantage」の試験的な導入として、同社で直近3年間のうちに車を購入した顧客から応募を募り、先着1,000名に30,000コインをプレゼントすることも併せて発表した。

BMWは今年後半には「BMW Vantage」を韓国で正式リリースし、のちにグローバル展開することを計画しているとのことだ。

編集部のコメント

BMWはブロックチェーンプロジェクトに積極的です。同社はホンダ、フォード、ルノー、GMなどの自動車メーカーが中心となって立ち上げた自動車ブロックチェーンコンソーシアムMOBI(Mobility Open Blockchain Initiative)のメンバーであり、2019年10月にはMOBIによるブロックチェーンを利用した車両ネットワークの実証実験にも参加しています。以前にはエンタープライズ向けブロックチェーンを提供するVeChainと提携し、ブロックチェーンを利用して中古車の走行距離を記録するアプリの開発なども行っています。また今年4月にはブロックチェーンを使って自動車部品のトレーサビリティを確保するPartChainプロジェクトを発表しています。

ちなみにリワード・プログラムとは、一定期間忠実に利用した優良顧客や会員などに対して、インセンティブを提供するマーケティング施策のことをいいます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock /Nelli Velichko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国配車サービスDiDiやTikTokのBytedanceらがデジタル人民元の試験運用参加か、Coibaseが直接上場による株式公開検討か、CFTCが2020-2024の戦略計画発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の配車サービスDiDiやTikTok運営のBytedanceらがデジタル人民元(DCEP)の試験運用に参加か、米暗号資産(仮想通貨)取引所Coibaseが2020年後半に直接上場による株式公開を検討か、米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表、Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携、ネットラーニングがデジタル修了証明書「オープンバッジ」を発行開始

(コメント追記:大同生命 共創戦略室課長 土川陽平氏/ディーカレット ビジネスアライアンスグループヘッド 葉山揚介氏)大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

T&D保険グループの大同生命保険株式会社と株式会社ディーカレットが2020年7月7日よりデジタル通貨発行に関する実証実験を開始したことを発表。目的は生命保険業へのデジタル通貨やブロックチェーンの応用可能性の検証とのことだ。

ChainalysisがシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、VolvoがBC企業Circulorに出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールで上場予定かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールの取引所で上場予定か、「bitFlyer広報担当者コメントあり」bitFlyerとBrave Softwareがウォレット開発で業務提携を発表、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)がブロックチェーンによる半導体の供給網管理システム構築へ