double jump.tokyoがブロックチェーンゲーム市場拡大のためのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」を開始

double jump.tokyoがブロックチェーンゲーム市場拡大のためのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」を開始

ブロックチェーンゲーム事業開発会社double jump.tokyo株式会社がMCH+パートナー向けのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX(エムシーエイチ プラス アドエックス)」を6月1日より開始したことを6月3日発表した。

double jump.tokyo株式会社は、ブロックチェーンゲーム「MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)」や「BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブフロンティアヒーローズ)」を開発運営する企業で、「My Crypto Heroes」で開発したシステムやノウハウをフレームワーク化した4つの支援プログラム(開発支援・エコシステム構築支援・ファイナンス支援・人材育成支援)MCH+の提供も行っている。

今回発表された「MCH+ADX」はブロックチェーンゲーム市場をより拡大していくことを目的とし、新規ユーザーを獲得したゲームに対し、他ゲームが収益を一部還元する仕組みを実現したとのこと。

この仕組み実現の背景としてブロックチェーンゲーム業界における課題があるとのこと。業界ではゲーム事業者が徐々に増加している一方で新規ユーザー獲得のコストは高く、ブロックチェーンゲーム事業者が増えてもこのままでは既存ユーザーのパイの奪い合いになってしまうとのことだ。

この課題に対し「MCH+ADX」による収益の一部還元の仕組みを利用し、自ゲーム以外の収益ポイントが増えることで、新規ユーザー獲得ROI(Return On Investment:投資収益率)を高め、積極的プロモーションが実施しやすい環境を提供することができるとのことだ。

「MCH+ADX」で提供される機能として、「MCH+ADX」パートナー間で他のゲーム事業者が新規ユーザーを開拓し、その後その対象ユーザーが他パートナーゲームで課金した際に収益の一部をゲーム事業者へ還元する「ベースリファラル機能」と、「MCH+ADX」パートナー企業がゲーム間で積極的な送客するためにコラボキャンペーンを実施し、そのコラボキャンペーンを実施した際に発生した収益を分配する「プロモリファラル機能」がある。

なお「プロモリファラル機能」では、キャンペーン参加ユーザーがイーサリアムアドレスに記録され、即時もしくはキャンペーン後に対象ユーザーからの収益の一部を送客元へ還元されるとのことだ。

編集部のコメント

今回のリリースで、株式会社アクセルマークの運営するブロックチェーンゲームContract Servant(コントラクトサーヴァント)が「MCH+」パートナーに参画したことも発表されました。

これで日本を代表する国産ブロックチェーンゲームである「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoHeroes」「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」「Contract Servant」が「MCH+」パートナーになる形です。

また先日Contract Servantは、同じく「MCH+」パートナーであるCryptoSpells(クリプトスペルズ)と6月2日より初のコラボキャンペーンを実施しています。ブロックチェーンゲーム業界が盛り上げるためのこういったコラボキャンペーンなどの取り組みや、今回発表された「MCH+ADX」のブロックチェーンゲーム企業だからこそできるシステムを使った業界活性化の取り組みは非常に良いものだと思います。

今後もどのようなブロックチェーンゲーム企業ならではの取り組みが行われるか期待をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /bagotaj)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定

韓国の通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンを利用した釜山市地域通貨「トンベッジョン(Dongbaekjeon)」を利用したオンラインモール「トンベッモール(Dongbaek Mall)」をローンチする計画があることを11月25日にLedgerinsightsが報じた。韓国語で「トンべッ」は椿の意味があり、掛け言葉として地域活性化もあらわすとのことだ。また釜山市はQRコードモバイル決済のローンチを間近に控えていることも発表している。

LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施

LINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社が2020年9月から2021年3月までの期間にて実施される「マイナポイント事業」において、「マイナポイント」申込みキャンペーン第3弾の実施することを11月25日発表した。

米セキュリタイズがデジタル証券サービス提供可能に、香港証券取引所がBCベースの資産取引後決済プラットフォーム試験導入へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ、香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が証拠金取引サービスを終了へ、SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ

香港証券取引所(HKEX)がデジタルアセット開発企業のデジタルアセット(Digital Asset)社の提供するスマートコントラクト言語「DAML」を活用した新しい取引後決済プラットフォーム「HKEX Synapse」を立ち上げる計画を11月24日に発表。