double jump.tokyoがブロックチェーンゲーム市場拡大のためのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」を開始

double jump.tokyoがブロックチェーンゲーム市場拡大のためのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」を開始

ブロックチェーンゲーム事業開発会社double jump.tokyo株式会社がMCH+パートナー向けのゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX(エムシーエイチ プラス アドエックス)」を6月1日より開始したことを6月3日発表した。

double jump.tokyo株式会社は、ブロックチェーンゲーム「MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)」や「BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブフロンティアヒーローズ)」を開発運営する企業で、「My Crypto Heroes」で開発したシステムやノウハウをフレームワーク化した4つの支援プログラム(開発支援・エコシステム構築支援・ファイナンス支援・人材育成支援)MCH+の提供も行っている。

今回発表された「MCH+ADX」はブロックチェーンゲーム市場をより拡大していくことを目的とし、新規ユーザーを獲得したゲームに対し、他ゲームが収益を一部還元する仕組みを実現したとのこと。

この仕組み実現の背景としてブロックチェーンゲーム業界における課題があるとのこと。業界ではゲーム事業者が徐々に増加している一方で新規ユーザー獲得のコストは高く、ブロックチェーンゲーム事業者が増えてもこのままでは既存ユーザーのパイの奪い合いになってしまうとのことだ。

この課題に対し「MCH+ADX」による収益の一部還元の仕組みを利用し、自ゲーム以外の収益ポイントが増えることで、新規ユーザー獲得ROI(Return On Investment:投資収益率)を高め、積極的プロモーションが実施しやすい環境を提供することができるとのことだ。

「MCH+ADX」で提供される機能として、「MCH+ADX」パートナー間で他のゲーム事業者が新規ユーザーを開拓し、その後その対象ユーザーが他パートナーゲームで課金した際に収益の一部をゲーム事業者へ還元する「ベースリファラル機能」と、「MCH+ADX」パートナー企業がゲーム間で積極的な送客するためにコラボキャンペーンを実施し、そのコラボキャンペーンを実施した際に発生した収益を分配する「プロモリファラル機能」がある。

なお「プロモリファラル機能」では、キャンペーン参加ユーザーがイーサリアムアドレスに記録され、即時もしくはキャンペーン後に対象ユーザーからの収益の一部を送客元へ還元されるとのことだ。

編集部のコメント

今回のリリースで、株式会社アクセルマークの運営するブロックチェーンゲームContract Servant(コントラクトサーヴァント)が「MCH+」パートナーに参画したことも発表されました。

これで日本を代表する国産ブロックチェーンゲームである「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoHeroes」「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」「Contract Servant」が「MCH+」パートナーになる形です。

また先日Contract Servantは、同じく「MCH+」パートナーであるCryptoSpells(クリプトスペルズ)と6月2日より初のコラボキャンペーンを実施しています。ブロックチェーンゲーム業界が盛り上げるためのこういったコラボキャンペーンなどの取り組みや、今回発表された「MCH+ADX」のブロックチェーンゲーム企業だからこそできるシステムを使った業界活性化の取り組みは非常に良いものだと思います。

今後もどのようなブロックチェーンゲーム企業ならではの取り組みが行われるか期待をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /bagotaj)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ

フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す

電力システムに関するブロックチェーンアライアンスであるエナジー・ウェブ(Energy Web)が、フォルクスワーゲンの研究開発部門であるフォルクスワーゲン・グループ・イノベーションと共同で電気市場へのブロックチェーンの活用可能性を調査することを3月4日に発表した

【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロバスケットボールチーム「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」のプロバスケットボールクラブトークンの発行を3月5日発表した。なおプロバスケットボール(Bリーグ)におけるクラブトークンの発行は今回が国内初の事例となる

「日立製作所が電子署名サービス開発、Kings Of LeonがニューアルバムをNFTでリリースなど」のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーン基盤「日立電子署名サービス」を開発、ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す、米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース、NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表、リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ、米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施、KPMGとIntellectEUが保険の重複支払い防止のブロックチェーンプラットフォーム「ClaimShare」ローンチ、GMOコインが暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコースが開始