ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」が初のTVCMを放送

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」が初のTVCMを放送

クリプトゲームス株式会社が、同社運営のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」のテレビコマーシャルを地上波で放送することを5月26日発表した。

このTVCMは5月31日~6月6日の期間にて関東エリアにて放映がされるとのこと。

またクリプトゲームス株式会社の代表取締役である小澤孝太氏のTwitterによると、「ブロックチェーンゲーム」の言葉がTVCMに流れるのは初であることと、同CMがゴールデンタイムでも放映が決定していると明かしている。

また同CMには、YouTubeのチャンネル登録者数100万人のゲーム実況者である「もこう」氏と同じくゲーム実況者の「むじょる」氏を起用し、ミスビットコインこと藤本真衣氏を含めたクリプトスペルズのプレイヤー総勢20名も登場するとのことだ。

また今回のTVCM放映に併せキャンペーンが開催される予定とのことで、詳細はクリプトスペルズ公式Twitterで今後公開されるとのことだ。

編集部のコメント

TVCMといえば株式会社bitFlyerが2年ぶりの新テレビCMを5月13日より放映開始したことを発表しています。このTVCMは愛知県、岐阜県、三重県(岐阜県内、三重県内は一部エリア)で放映されています。ビットフライヤーがCMを再開することは非常に話題になりました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,liuzishan)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ