インド暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達

インド暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達

インドの暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoinDCXが、Coinbase Ventures(コインベースベンチャーズ)とPolychain Capital(ポリチェインキャピタル)から250万ドル(約2億7,000万円)の資金調達をしたことを5月26日発表した。

Coinbase Venturesは米サンフランシスコに拠点を置く暗号資産取引所のCoinbase(コインベース)の投資部門である。またPolychain Capitalは米サンフランシスコに拠点を置くブロックチェーンや仮想通貨などに関連するスタートアップを専門に投資をするベンチャーキャピタル(クリプトファンド)だ。

なおCoinDCXは今年3月にシリーズAの資金調達300万ドルを暗号資産取引所BitMEXの運営会社であるHDR Group、Bain Capital Ventures、そしてPolychain Capitalからも行っていた。

今回調達した資金は、CoinDCXがインドでの暗号資産の市場拡大活動を行う「TryCryptoイニシアチブ」の強化と同取引所の新たなプロダクト開発などに充てられるとのこと。またTHE BLOCKの報道によると同取引所の人材採用活動を促進するための施設設立にも充てられるとのことだ。

なお今回の投資を含めるとCoinDCXの総資金額は600万ドルに達したとCoinDCXの共同創設者兼CEOであるSumit Gupta氏がTHE BLOCKの取材に答えている。

編集部のコメント

インドの暗号資産取引所への投資の例として、昨年11月に暗号資産取引所バイナンス(Binance)がインドの暗号資産取引所WazirXを買収する形でインドの市場に参入しました。

そしてバイナンスとWazirXはインドで5,000万米ドル(約50億円)規模のファンド「Blockchain for India」を3月に設立しています。設立の目的はインドのブロックチェーンスタートアップを支援し、インドのブロックチェーンエコシステムの成長の促進を目指すためとされています。

今年3月4日にはインドの最高裁判所が、インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)の暗号資産禁止の命令を違憲とする判断を下しています。今回のニュースを含めインド国内における暗号資産に関する状況は加速しているのではないかと考えます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored