(クラウドサイン事業責任者の橘氏コメントあり)クラウドサイン提供の弁護士ドットコムとLayerXが業務プロセスデジタル化へ向け業務提携

5/19日16:00追記

クラウドサイン提供の弁護士ドットコムとLayerXが業務プロセスデジタル化へ向け業務提携

Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムと、ブロックチェーン開発企業LayerXが5月13日に業務提携を行ったことが発表された。

今回の提携では、変革を求められている大企業や行政機関の電子契約導入に向けた、業務設計およびシステム開発をLayerXが担い、組織ごとに必要となるAPIや署名技術などについてクラウドサインと連携するとのこと。そして共同で技術開発を進めることにより、あらゆる組織規模や環境下に対応する電子契約の導入と運用を目指していくようだ。

提携の背景として、直近のコロナ禍に置いて「紙・ハンコ・FAX」に関わる業務のデジタル化を急速に進めたいと考えている企業が増えていることが挙げられている。

あたらしい経済編集部は、弁護士ドットコム取締役でクラウド契約サービス「クラウドサイン」事業責任者の橘大地氏へ2つの質問を投げかけた。それは「1.クラウドサイン社はなぜブロックチェーン技術を活用しようと考えたのでしょうか。2.LayerX社とどのような未来を5年以内に実現したいと考えていますか」だ。

Q.クラウドサイン社は、なぜブロックチェーン技術を活用しようと考えたのでしょうか。

今回のLayerXとの提携は、現在まさに喫緊に大企業や行政機関に、在宅勤務を前提とした業務プロセス設計が必要となり、そのために電子契約導入の業務設計およびシステム開発が求められることをきっかけとしたものであります。そのため、業務プロセス変革が主眼であり、それを実現するための技術としてクラウド基盤、又はブロックチェーン技術の活用かは二の次だと考えていて、両技術を保有し、それを実現できる組織がLayerXだと考えました。

そして、技術ありきでブロックチェーンファーストというわけではなく、まずは顧客のための「既存業務プロセスを理解した上でのワークフロー設計や、各種システムとのシームレスな接続」の実現が最重要です。

Q.LayerX社とどのような未来を5年以内に実現したいと考えていますか。

クラウドサインでは2015年にリリースして以来、8万社の企業に導入していただき、既に様々な業種、従業員規模に導入いただけるよう業務プロセス設計のノウハウが備わっています。

しかしながら、大企業や行政に導入いただくためには既存業務プロセスの変革や他システムとのシームレスな接続が求められることも多くあります。そのため今回LayerXと提携することで、日本の対面主義、紙文化/押印文化から、デジタルファーストに変革していきたいと考えています。

編集部のコメント

「クラウドサイン」は「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため契約締結のスピード化を実現、郵送代・紙代・インク代、印紙代が不要なためコスト削減も可能とのことです。契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎ、コンプライアンスの強化にもつながります。法律事務所から金融機関、上場企業などにも利用されており、導入社数8万社を突破したサービスとなっています。

今回の提携によって、将来的にハンコ、紙、ファックスを必要とせず業務上のビジネス契約が全てデジタル化される未来が実現されることを期待したいと「あたらしい経済編集部」は考えています。まだまだERPシステムにおけるモジュール変更時のリアルタイム連携やEDIにおける諸コストなどが業務プロセスに存在していると思いますが、多くの壁を乗り越えていってほしいと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:nisaul-khoiriyah

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。

【7/28の話題】マスターカードがBCスタートアップ支援、Huobiが中国での事業解散へなど(音声ニュース)

マスターカード、ブロックチェーンスタートアップ支援プログラム発表、暗号資産取引所Huobi、中国での事業解散へ、バイナンスが出金限度額の引き下げ発表、一日あたり0.06BTCに、バイナンス、税務報告用ツール提供へ、米デジタル資産カストディFireblocks、約340億円の資金調達、DeFiレンディングAave、機関投資家向けサービスをリブランド、米議員、公聴会で中央銀行デジタル通貨(CBDC)について期待とリスクを議論、米マイニング企業ストロングホールドがIPO申請、鎌倉インテルがFiNANCiEでクラブトークン発行、フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

Sponsored

フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社が、Web3.0特化型インキュベーションプログラム「Fracton Incubation 2021 powered by bitbank」を開催することを7月28日発表した。同社によるとWeb3.0特化型インキュベーションプログラムの開催は国内初とのこと。またインキュベーションプログラム及びアクセラレーションプログラムとしては国内初となるNFT活用が併せて発表されている。