OECDがリサイクルを含むサプライチェーンにおけるブロックチェーンの相互運用性の重要性を強調

OECDがリサイクルを含むサプライチェーンにおけるブロックチェーンの相互運用性の重要性を強調

OECD(経済協力開発機構)のGlobal Blockchain Policy Centre Headを務めるCaroline Malcolm(キャロリン・マルコム)氏が5月12日にCoinDesk主催のバーチャルイベント「コンセンサス・ディストリビューテッド」にて、リサイクルを含むサプライチェーンにおけるブロックチェーンの相互運用性の重要性について語った

マルコム氏は「サプライチェーンのエコシステムを実際に機能させるためには、最初から相互運用性について考える必要があります。技術的にはベースとなるブロックチェーンレイヤーやアプリケーションレベルで実装することも可能ですが、その存在は重要です」とコメントした。

リサイクルシステムの課題に関しては、プラスチック商品は漂白ボトルと石炭ボトルが混ざってしまうため、そこからリサイクルされた材料は通常、建設用途のためだけに使用されることが挙げられた。

現状問題が発生している理由は、相互運用性のないツールを通してリサイクルデータやソリューションを活用しているからとのこと。

ブロックチェーン技術を活用してリサイクル問題を解決している取り組みとして、コンソーシアムブロックチェーンソリューション提供企業Circulor(サーキュラー)が電池に広く使われている鉱物であるコバルトのプロジェクト、ブロックチェーンスタートアップEverledger(エバーレッジャー)社の電気自動車などのバッテリーのリサイクルを行なっているプロジェクトなどが挙げられた。

編集部のコメント

Eveledger社が電気自動車バッテリーの管理やリサイクルを推進するプロジェクトに関して紹介します。このプロジェクトは、Everledger、Oracle、Circulor社の3社で行われていて、電気自動車のバッテリーの残存価値利用予測情報をブロックチェーン上で管理し、EV の所有者、EV バッテリーの回収事業者間の取引を円滑化することが最大の目的としています。EVバッテリーは、残存価値が6割程度になると回収・交換されるとのことで、回収した電気自動車のバッテリーモジュールを組みかえることで、バッテリーの容量が比較的少なく済む太陽光発電の蓄電システムなど、他の用途に利用することができると期待されています。

このようにブロックチェーンを活用することで、リアルタイムにバッテリーなどの残存価値を把握ができることで二次流通を含め様々な用途で利活用されることが期待されます。ブロックチェーン技術は大きなサプライチェーンを築き上げてきた伝統的な企業こそ活用すべき技術ではないかと「あたらしい経済編集部」は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/19の話題】ビットコインが6ヶ月ぶりの高値で推移、バイナンスコインのトークンバーンなど(音声ニュース)

ビットコイン、ETFの期待とインフレ懸念から、6ヶ月ぶりの高値で推移、ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加、米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場、バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン、NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開、レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した

【10/18の話題】フォビジャパンが第一種金融商品取引業者の登録、米SECが「BTC先物ETF」初承認など(音声ニュース)

フォビジャパン、第一種金融商品取引業者の登録完了。証拠金取引サービス再開へ、米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、18日から取引所で取扱へ、野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加、米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ、テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに、米スクエア、ビットコインマイニング事業を開始か、ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加、ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも、アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行