ディーカレットと東京海上日動がブロックチェーン技術を利用した、保険契約における業務プロセスの自動化に関する実証実験を実施

ディーカレットと東京海上日動がブロックチェーン技術を利用した、保険契約における業務プロセスの自動化に関する実証実験を実施

株式会社ディーカレットと東京海上日動火災保険株式会社が、保険料の領収や保険金支払いといった保険契約における業務プロセスを対象に、ブロックチェーン技術を利用した自動化に関する実証実験を実施したことを5月13日発表した。

なお東京海上日動は2018年1月にディーカレットに出資をしており、同実証実験は資本提携業務の一環とのことだ。

同実証実験ではディーカレットが構築中の「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム(Enterprise Ethereum利用)」が活用され、2020年3月に実施されたとのこと。

同実証実験の技術検証では、ブロックチェーン上に保険契約の情報などを事前に登録しておき、事故が発生した際に当該事故情報をブロックチェーンに読み込ませることで、保険金支払い条件に合致したか否かを自動的に判定し、保険金をデジタル通貨で即座に支払いする仕組みの有効性について検証されたとのこと。

また東京海上日動の若手有志団体に対して、ブロックチェーン上でトークンを発行しトークンを保険料や保険金と見なすことで、スマートコントラクトを用いた保険金請求支払業務の自動化に関する有効性を実証したとのことだ。

編集部のコメント

ディーカレットは30社もの大企業を株主に持つ企業です。今回の東京海上日動との実証実験についても資本提携の一環とのことなので、今後ディーカレットのプラットフォームを利用する共同検証は他の株主とも行う可能性があり、様々な分野でのブロックチェーン技術の実用化に向けて検証が進んでいくと思われます。

今年2月にディーカレットはKDDI株式会社、auフィナンシャルホールディングス株式会社、株式会社ウェブマネーと共同でブロックチェーン上に発行するデジタル通貨に関する技術検証を実施していました。同共同検証ではディーカレット構築の「ブロックチェーン上にデジタル通貨を発行、管理するプラットフォーム」を活用し、「発行~流通~償却」にまつわる業務プロセスの一部と決済処理について、スマートコントラクトを用いた技術的な検証を行われました。

このように今後ディーカレットが関係会社とプロジェクトを実施していくかには注目です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,Tuadesk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。