カカオトークのブロックチェーンプロジェクトであるクレイトンがセロアライアンスに参加

カカオトークのブロックチェーンプロジェクトであるクレイトンがセロアライアンスに参加

韓国Kakao Corp.のブロックチェーンプロジェクトであるKlaytn(クレイトン)がCelo Alliance for Prosperityに参加したことを5月8日発表した。

Kakao Corp.はメッセージングアプリであるカカオトークを提供する韓国の大手インターネット企業。またKlaytnはKakaoのブロックチェーン関連会社であるGround Xによって開発されたグローバルなパブリックブロックチェーンプラットフォームだ。

Celo Alliance for Prosperityは、モバイルファーストのペイメントインフラを構築している企業であるCelo Foundationが今年3月に設立した独自のステーブルコインイニシアチブだ。

Klaytnの公式mediumに寄せられたCelo Alliance責任者であるChuck Kimble氏のコメントによると、Klaytnの加入は外部のブロックチェーンネットワークとして初の事例とのこと。

KlaytnとCeloは日常生活においてデジタル通貨を有用に利用できるように相互のビジョンを共有し、両者のブロックチェーンプロトコルの相互運用性に関する調査を共同で実施するとのことだ。

編集部のコメント

Celo Alliance for Prosperityは5月5日にも新たなアライアンスメンバー25団体が加入したことを発表しています。同アライアンスは3月に設立した際のメンバー数50から2か月で75団体に増えています。 またCeloは既に3,000万ドル(約33億円)を資金調達しています。引受先はa16z、Jack Dorsey、Naval、Polychain Capitalなど有名なVC、エンジェル投資家が名を連ねています。

なおアライアンスの目標は、現実の世界でデジタル資産を、よりアクセスしやすく便利にするというCeloの共通のビジョンをサポートするために組織の共通理解を高めていくことです。

またceloは、新興国が経済参加できるようなエコシステムを生み出していくことを目指しているため、FacebookのLibra Associationと比較されることもあります。ちなみにAnchorage、Bison Trails Co.、Coinbase Ventures、Andreessen Horowitz and Mercy CorpsなどCelo AllianceとLibra Associationの両方に加入している団体も存在しています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(AliseFox–)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。