カカオトークのブロックチェーンプロジェクトであるクレイトンがセロアライアンスに参加

カカオトークのブロックチェーンプロジェクトであるクレイトンがセロアライアンスに参加

韓国Kakao Corp.のブロックチェーンプロジェクトであるKlaytn(クレイトン)がCelo Alliance for Prosperityに参加したことを5月8日発表した。

Kakao Corp.はメッセージングアプリであるカカオトークを提供する韓国の大手インターネット企業。またKlaytnはKakaoのブロックチェーン関連会社であるGround Xによって開発されたグローバルなパブリックブロックチェーンプラットフォームだ。

Celo Alliance for Prosperityは、モバイルファーストのペイメントインフラを構築している企業であるCelo Foundationが今年3月に設立した独自のステーブルコインイニシアチブだ。

Klaytnの公式mediumに寄せられたCelo Alliance責任者であるChuck Kimble氏のコメントによると、Klaytnの加入は外部のブロックチェーンネットワークとして初の事例とのこと。

KlaytnとCeloは日常生活においてデジタル通貨を有用に利用できるように相互のビジョンを共有し、両者のブロックチェーンプロトコルの相互運用性に関する調査を共同で実施するとのことだ。

編集部のコメント

Celo Alliance for Prosperityは5月5日にも新たなアライアンスメンバー25団体が加入したことを発表しています。同アライアンスは3月に設立した際のメンバー数50から2か月で75団体に増えています。 またCeloは既に3,000万ドル(約33億円)を資金調達しています。引受先はa16z、Jack Dorsey、Naval、Polychain Capitalなど有名なVC、エンジェル投資家が名を連ねています。

なおアライアンスの目標は、現実の世界でデジタル資産を、よりアクセスしやすく便利にするというCeloの共通のビジョンをサポートするために組織の共通理解を高めていくことです。

またceloは、新興国が経済参加できるようなエコシステムを生み出していくことを目指しているため、FacebookのLibra Associationと比較されることもあります。ちなみにAnchorage、Bison Trails Co.、Coinbase Ventures、Andreessen Horowitz and Mercy CorpsなどCelo AllianceとLibra Associationの両方に加入している団体も存在しています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(AliseFox–)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ