ブロックチェーン開発企業ToposWare(トポスウェア)がシードラウンドで約2億円の資金調達

ブロックチェーン開発企業ToposWare(トポスウェア)がシードラウンドで約2億円の資金調達

ブロックチェーン開発企業ToposWare(トポスウェアー)がシードラウンドとして1億9700万円の資金調達を4月30日までに完了したことを発表した。引受先として、マネックスグループ株式会社の松本大社長や株式会社ミクシィの笠原健治会長などのエンジェル投資家、デジタルハリウッド株式会社などの事業会社から第三者割当増資により調達した。

そして2020年内にゼロ知識証明を利用したプライバシー・ブロックチェーンのリリースを計画していることも発表した。

同社は「新しい時代のお金の教科書」など数多くの著書を書いており、経営者でもある山口揚平氏が率いる企業だ。リリースによると、同社は高度な情報セキュリティを求める行政機関・企業・個人に向け、次世代のデータプラットフォームとなるブロックチェーンを開発しているとのことだ。

編集部のコメント

ToposWareは2019年1月創業。「Privacy for everyone」をビジョンに独自のブロックチェーン・プラットフォームを開発するスタートアップです。フランス、パキスタン、日本、中国、米国などを出身地とする暗号学者やソフトウェアエンジニアなどで構成され、東京を拠点として活動しているとのこと。

日本から低レイヤーのブロックチェーン開発、かつ実績のある経営者がブロックチェーン領域に参入したことは日本にとって良いニュースだと「あたらしい経済」編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と、デジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が、メタバースゲームの体験を提供する為に提携したことが1月20日に分かった