(LayerX執行役員石黒氏コメントあり)LayerXが石黒卓弥氏を人事・広報担当執行役員に選任

LayerX社は、元メルカリ人事の石黒卓弥(たかや)氏が人事・広報担当執行役員へ就任したことを5月7日に発表した。

就任背景として、MUFGや三井物産などとのDX推進、そしてコロナ禍においても企業活動における「デジタル化」及び「DX」のニーズは増加傾向にあり、事業推進と並行して必要な社内基盤整備を進めているからとのこと。

あたらしい経済編集部は、石黒氏へ2つ質問を投げかけた。それは「1.なぜブロックチェーンへ興味を持ったのか2.なぜLayerXのコーポレート領域の執行役員へ就任することを決めたのでしょうか」だ。

Q.なぜブロックチェーンへ興味を持ったのでしょうか。

石黒氏「ブロックチェーンに限らず、新しい技術には常に興味を持つようにしています。私達の社会は常に変化しており、その変化は新しいテクノロジーとともに起こっています。またブロックチェーンはC2Cとも相性がよく、前職メルカリ時代から常に意識する領域でした。

そしてキャリアとしてブロックチェーン領域を意識した点は2つです。
1つは”未成熟”であることです。未成熟だからこそ変化の幅が大きいです。自らの手でその変化に関わることができるのはチャンスだと考えました。
2つ目は”デジタル化”との相性です。ブロックチェーン技術は、コロナ禍でより必要性がクリアになった”業務のデジタル化”、”行政のデジタル化”などいわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)との相性が非常に良いです。

LayerXのミッションである「すべての経済活動を、デジタル化する。」は、まさに現代社会に求められるものです。10年、20年スパンで向き合う価値がある領域だと確信しています。」

Q.なぜLayerXのコーポレート領域の執行役員へ就任することを決めたのでしょうか。

石黒氏「代表福島のnote『LayerXが賭ける「次の10年」』に強く共感しました。未成熟なこの領域だからこそ、自身のこれまでの経験を活かし「誰かが取らないといけないリスクなら、それは自分が取りたい」と、同じように思いました。

私から見た今のLayerXを一言でいうと「可能性に満ちた会社」です。行動指針“Be Animal”に代表されるようにメンバーが皆、あらゆるドメイン知識や最新技術を貪欲に学び続けており、この「可能性」×「圧倒的熱量」を適切な方向に導いて行くことが、私の役割の一つだと認識しています。

より大きな挑戦をするために採用や組織の側面から、より大きな信頼を積み重ねていくために広報やPRの側面から、チームにレバレッジを効かせられるよう一つ一つ挑戦して行こうと思っています。」

編集部のコメント

石黒氏は、人事・コーポレートの側面からメルカリを今の組織形態へ牽引した人物です。その石黒氏がLayerXをどのように大きく強い組織にしいていくかに「あたらしい経済」編集部はとても期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:nisaul-khoiriyah,Pavel_R

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。

コンセンシスが香港の中央銀行デジタル通貨プロジェクトメンバーに、アントGがBC利用の国際貿易プラットフォームTruspleローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに、アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ、オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表、スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。