Doleが2025年までにすべての部門でブロックチェーントレーサビリティ導入予定であることを発表

Doleが2025年までにすべての部門でブロックチェーントレーサビリティ導入予定であることを発表

Dole Food Companyが「the 2020 Corporate Responsibility & Sustainability Report(2020年企業責任・持続可能性報告書)」を4月22日発表し、同レポートのなかですべての事業にブロックチェーン技術の導入を計画していることが明らかになった

同計画では2025年までにブロックチェーンを使ったタグ付け、および「先進的なトレーサビリティ・ソリューション」を導入するとのこと。

Doleは2017年8月にウォルマートやネスレなども一員であるIBM food blockchain consortiumに参加をしており、ブロックチェーンを活用した食品事業の安全性強化に取り組んでいる。

編集部のコメント

IBM food blockchain consortiumには、ネスレ、ドールフード、マコーミック、マックレーン、タイソンフード、ユニリーバ、ウォルマート、カルフールなどが参加しています。企業が食品の安全を保障するためにブロックチェーン技術を活用したトレーサビリティシステムを導入する事例が増えています。今回Doleが企業責任・持続可能性報告書としてトレーサビリティの導入を発表したように、今後ブロックチェーンによるトレーサビリティシステムを導入し食品の安全を保証するのは企業としての責任として当たり前になっていくのではないかとあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored