GUILD統括の岡崇氏がIOST財団の教育助成プログラムの第一号として選出され、チューリッヒ大学のブロックチェーンプログラムへ参加

GUILD統括の岡崇氏がIOST財団の教育助成プログラムの第一号として選出され、チューリッヒ大学のブロックチェーンプログラムへ参加

IOST財団が、GUILDプロジェクト統括および株式会社PHI創業者である岡崇氏をチューリッヒ大学ブロックチェーンセンター開催のプログラム参加に選出したことを、4月24日プレスリリースにて発表した。

同プログラム「Deep Dive into Blockchain」は、ブロックチェーン技術によるイノベーションについて専門家による講演やグループディスカッションを通じて学術的な観点から理解を深めていくことを目的としているとのこと。

3月にIOST財団は、チューリッヒ大学ブロックチェーンセンターと研究と教育に関する基本合意書(MOU)を締結し、同プログラムに参加する学生を助成することを約束していた。岡崇氏は今回その助成の第一号として選出がされたとのことだ。

同氏は「ブロックチェーンの聖地スイスで仲間達とプロジェクトを進めれることを心から嬉しく思います。僕たちは、まだ何も成し遂げていません。ただ、少しずつですが、日進月歩、自分達の描く世界に向けて皆で足並みを揃えながら、着実に前進していることを実感しています。今回のサマースクールをきっかけに、共に歩む仲間達を世界中に広げ、プロジェクトの普及を加速させていければと思います。」とプレスリリースにてコメントしている。

同プログラムの開催日程は2020年7月5日〜24日を予定している。プログラム概要にて5月10日まで申し込みを受け付けている。

編集部のコメント

岡崇氏は、ブロックチェーン等の最先端技術を活用した次世代型組織DAOのインフラ開発と啓蒙を進めるGUILDプロジェクトをグローバルに向けて展開する人物です。同氏は2019年にブロックチェーン関連のサービス開発を行う株式会社PHIを設立し、同年にGUILDプロジェクトを自立分散的な組織として世の中に広めるために立ち上げています。

GUILDは自律分散型の組織をオンライン上で運営するためのプラットフォームを提供するプロジェクトです。地理的要因をなくし、専門性を持つリモートワーカーが、プロジェクトベースでチームまたは組織を形成して、自由なインセンティブモデルを設計できる、オープンガバナンス・プロトコルを目指しています。同プロジェクトは国内インキュベーターからシードラウンド2,500万円を調達しています。

岡氏が立ち上げた株式会社PHIは現在GUILDプロジェクトの開発に取り組んでおり、今年に入って、スイスのクリプトバレーでのイベント登壇や州政府訪問など、欧州での事業展開を視野にスイスへの進出を積極的に行っている印象です。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:Pavel_R)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。