バイナンスがアフリカ市場向けのソーシャルペイメントアプリをローンチ

バイナンスがアフリカ市場向けのソーシャルペイメントアプリをローンチ

大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、アフリカ大陸のユーザー向けのソーシャルペイメントアプリ「バンドル(Bundle)」をローンチしたことを4月23日発表した。

バンドルはアフリカ大陸の市場をターゲットとしてローンチされた。同アプリのユーザーは現金のやり取りや仮想通貨の売買や保管をすることができる。

バンドルはバイナンス・ラボ(Binance Labs)の元ディレクターだったYele Bademosi(イェレバデモシ)氏が設立した企業で、2019年9月にバイナンスから45万ドルのシード投資を受けている。なおバンドルはバイナンスエコシステムの一部であるが、独立した運営をしているとのこと。

バンドルでは現在、バイナンスドル(BNB)ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)とナイジェリアの法定通貨であるネイジェリアリラ(NGN)のサポートをしている。

プレスリリースによると今後数週間のうちに法定通貨の取り扱いを増やし、2020年末までには同アプリをアフリカ30か国に展開する予定とのことだ。

編集部のコメント

Binanceは昨年11月に、全世界で流通している通貨180銘柄すべて対応する計画を発表していました。当時BinanceのCEO CZ氏は「今後6ヶ月〜9ヶ月ほどで実現したい」とコメントをしています。 4月27日現在では、1月19日に取り扱いを開始した日本円などを含む法定通貨40銘柄がバイナンスでサポートされています。(https://www.binance.com/en/buy-sell-crypto?type=BUY
プレスリリースによるとアフリカは世界で若い人口が最も多い大陸で、19歳がその中央値とのことです。また10億人以上の人口が今後30年間で生まれると予想されています。今回ローンチされたバンドルはデジタルネイティブな若い消費者を対象としているということです。このようにアフリカ大陸は大きな市場になりうると考えられています。
このような動きに対するCZ氏の狙いはバイナンスの流動性を法定通貨へのアクセスを介してユーザーに提供することです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Panuwat-Sikham,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ