国内仮想通貨取引所フォビが独自トークンを上場

国内仮想通貨取引所フォビが独自トークンを上場

フォビジャパン株式会社が、同社運営の仮想通貨取引所Huobi Japanにおいて「Huobi Token(HT)」の取扱いを開始する予定であることを4月23日発表した。

「Huobi Token(HT)」はフォビグループが発行する独自トークン。ERC-20規格のトークンで2018年1月に5億枚を発行がされている。なお同通貨の日本国内の上場は初の事例となる。

同通貨の取り扱い開始は2020年5月以降を予定しているとのことで、正確な日程については決まり次第改めて通知されるとのこと。

また同取引所は販売所・取引所・レバレッジ取引のサービスを提供しているが、同通貨の取扱いサービス等の詳細についても改めて通知される。

同取引所では現在ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)を取り扱っており、Huobi Token(HT)が上場されれば、同取引所の取り扱い通貨は計7銘柄となる。

編集部のコメント

Huobi Tokenは2018年7月以前は、海外仮想通貨取引所「Huobi.Pro」にて購入をすることが出来ましたが、同取引所への日本居住者へのサービス停止が行われ、それ以降は同通貨の購入はできなくなっていました。日本市場からフォビグループが撤退したその後2019年1月にbitTradeを買収することでHuobi Japanが運営開始されました。5月に同トークンが上場すれば日本居住者が同トークンを購入できるようになるのは、約2年ぶりということになります。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:berya113)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。