コインチェックの仮想通貨積立サービスで新たにアルトコイン7種の取り扱いが開始

コインチェックの仮想通貨積立サービスで新たにアルトコイン7種の取り扱いが開始

株式会社コインチェックが、同社運営の仮想通貨取引所Coincheckで提供する「Coincheckつみたて」サービスにて、新たにアルトコイン7銘柄を取り扱い開始することを4月23日に発表した。

同サービスで新たに追加される通貨は、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラルーメン(XLM)で、すでに同サービスで対応しているビットコイン(BTC)と合わせて8銘柄となる。

「Coincheckつみたて」は自動で日本円の入金から仮想通貨の購入までを手数料無料で行うことができるサービス。2019年11月より提供が開始されている。

また同サービスには月に一度だけ買い付けを行う「月イチつみたてプラン」と、日割りで毎日買い付けを行う「毎日つみたてプラン」の2種類が用意されている。

同サービスを利用する際の各通貨への積立金額は10,000円以上1,000円単位で設定が可能。積立金額の上限は各通貨の積立金額の合計で100,000円以下とのこと。

新規7銘柄の初回の積立については、6月8日から開始する予定ということだ。

なお、積立口座内のLSKに関しては、「Coincheckのステーキングサービス(β版)」にて定めている条件を満たした場合に報酬付与対象となる。ただしステーキングサービスの報酬は取引アカウントへ付与されるとのことだ。

編集部のコメント

仮想通貨の積立サービスとは、毎月設定した金額を銀行口座から自動的に引き落とし、仮想通貨を購入するサービスです。仮想通貨の購入は毎月自動的に行われますが、売却やトレードは自由に行うことができます。

積立投資のメリット
積立投資のなかで毎月一定金額を継続して投資する方法をドルコスト平均法といいます。ドルコスト平均法では、商品の価格が低いときに購入量が多くなり、価格が高いときに購入量が少なくなるという特徴があるので、長期的な価格変動リスクを低減させることができます。また自動的に積み立てられていくため、感情に左右されない投資を行うことができます。

積立投資のデメリット
積立投資は初期投資が少なくても始めることができますが、その分、リターンが大きくなるまでに時間がかかります。したがって積立投資は短期的な投資には向いていません。また仮想通貨などの価格変動の大きい金融商品を対象にする場合は元本割れのリスクが常に存在します。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:dalebor,Panuwat-Sikham)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米証券取引委員会が一定の条件下でステーブルコイン発行許可、テンセントのタイ子会社が旅行業界支援のBCソリューション導入へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米証券取引委員会(SEC)が一定の条件下で民間企業のステーブルコイン発行を許可、テンセント ・クラウドのタイ子会社が旅行業界支援のためブロックチェーンソリューションを導入へ、DELL(デル)子会社VMware(ヴイエムウェア)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォームを提供開始、暗号資産(仮想通貨)取引所OKExが11月27日より出金再開

テンセント ・クラウドのタイ子会社が旅行業界支援のためブロックチェーンソリューションを導入へ

中国のテンセント・クラウド(Tencent Cloud)のタイ子会社テンセント・タイがブロックチェーン企業シェアリング(ShareRing)と提携して、新しいデジタル文書とID管理ソリューションを活用して、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている旅行業界を支援していくプロジェクトを進めていくことが11月17日に明らかになった。 

米証券取引委員会(SEC)が一定の条件下で民間企業のステーブルコイン発行を許可

米証券取引委員会(SEC)の法人金融部門は、独自のイーサリアムベースのトークンを販売したいと考えているソーシャルメディア企業IMVU社が発行した独自トークン「VCOIN」に対して「執行措置を推奨しない」という旨を記載したノーアクションレター(法令適用事前確認手続)を11月19日に発行した。

国内3メガバンクらがデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か、タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内3メガバンク、NTTグループ、JR東日本らがブロックチェーンを用いたデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か、タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正、ベトナム教育省が教育機関の修了証明書の管理にブロックチェーンを導入、韓国のKB国民銀行が2020年内に暗号資産(仮想通貨)のカストディサービスを開始か

国内3メガバンク、NTTグループ、JR東日本らがブロックチェーンを用いたデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行やNTTグループなど30社超でデジタル通貨フォーラムを構成し、2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化する予定であることが11月19日に日本経済新聞の報道によって明らかになった。