(セキュリタイズCEOカルロス氏コメントあり)デジタル証券プラットフォーム企業セキュリタイズが私募証券の即時取引サービス「Instant Access(インスタントアクセス)」を提供開始

デジタル証券プラットフォーム企業セキュリタイズが私募証券の即時取引サービス「Instant Access(インスタントアクセス)」を提供開始

デジタル証券プラットフォームのSecuritize(セキュリタイズ)がVC(ベンチャーキャピタル)を含む5社に関連する私募証券の即時取引サービス「Instant Access(インスタントアクセス)」の提供開始を発表したとBloombergが報じた。

このサービスは規制当局の規制に準拠してスマートコントラクト開発を行いカウンターパーティーリスクがない方法でセキュリティトークンを交換するための手段として利用されていく予定とのこと。

ちなみに金融領域におけるカウンターパーティーリスクとは、金融商品の取引を行う際、取引の相手方(カウンターパーティー)が債務不履行などに陥り、契約によって定めた支払いが履行されないリスクのことを指す。

具体的にInstant Accessの機能を利用すると、投資家は保有するデジタル証券を売却する意思表示をウェブのURLリンクで表現することができる。このURLリンクは、メールやチャットなど、様々なプラットフォームで共有することが出来るとのこと。

さらにInstant Access機能を有効化するとセキュリティ・トークン発行体からのKYC/AMLチェックを済ませている投資家はトークン保有者から取引用のURLリンクを受けとることで、保有者からデジタル証券を購入することができるとのこと。この際はKYC/AML要件を満たしかつセキュリタイズが開発したDSプロトコルを通して、発行体が課す全ての取引制限事項を満たす取引のみが許可される仕組みだ。

Securitizeの創業者兼CEOのCarlos Domingo(カルロス・ドミンゴ)氏は「VCの所有権や不動産投資信託のような私募証券は誰が所有できるか、いつ売買できるかなどの制限があるため取引が難しいです。そこでSecuritize(セキュリタイズ)は、Ethereumブロックチェーン上のスマートコントラクトを使用してルールが満たされるようにプログラムされていることを確認することで、それを緩和しようと計画しています。そして多くの人はブロックチェーンの技術が金融領域に活かされるまで時間がかかると考えていますが、既に重要な技術として活かされてきています」とBloombergの取材に対して答えた。

あたらしい経済もカルロス・ドミンゴ氏に対して取材を行った。質問内容は「1.セキュリティ・トークンの市場規模はどれくらいだと考えていますか?2.アメリカの現状はどのようなものでしょうか3.今後どのようなアセットをセキュリティ・トークン化したいでしょうか」だ。

質問に対しカルロス・ドミンゴ氏は「セキュリティ・トークンの市場規模は民間証券で数兆ドルだと考えています。そしてアメリカにおけるセキュリティ・トークン化現在の傾向としては、企業が規制を考慮した制度的な採用が多くなっています。今後はファンドや不動産などの非流動性資産に焦点を当てていきます」と答えてくれた。

編集部のコメント

カルロス・ドミンゴ氏のコメントによると、特に不動産REITを今後セキュリティ・トークン化していきたいとのことです。なぜなら、多くのREITがいつどのようにして移転したのか明白ではないため取引が困難になっている状況があるからとのことです。

日本でもデジタル証券に関しては、同様の動きが活発化しつつあります。4月21日に三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM)がセキュリティ・トークンの実証開始の発表、さらにLayerX開発のプロダクト活用により、7億円規模の実証ファンドを4月28日より開始することを発表しております。

こちらは第一フェーズとして実証ファンドが不動産所有権の信託受益権をセキュリティ・トークン化し、スマートコントラクトを活用し運用する予定となっています。

さらに今後アセットの取引が不透明な領域において、セキュリティ・トークン化の流れは速まっていくとあたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:RaStudio,dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。