Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表

Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表

Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表した。

4つのアップデートの内容は「1. Libraは複数国の通貨を担保するバスケット型の通貨と1国の通貨を担保するシングル型の通貨の2種類になるということ 2. 現状の堅牢な規制システムに準拠した形で、Libraの決済システムの安全性を向上させたこと 3. 世界の主要な経済的特性を維持することを考慮した上で、現段階でのブロックチェーンのパーミッションレスシステムへの移行を見送ること 4. 今後もLibraの設計にはさらなる規制の強化を必要とすること」である。

注目すべきは今回のアップデートにより、Libraにシングル型の通貨の発行が加わる点。ホワイトペーパーによるとシングル型の通貨は、米ドルのステーブルコインであればLibraUSDまたは≋USD、ユーロであればLibraEURまたは≋EUR、ポンドであればLibraGBPまたは≋GBP、シンガポールドルであれば、LibraSGDまたは≋SGDと表記されるようになるとのこと。

シングル型を発行した狙いは、各国内の幅広いユースケースをサポートするためのネットワークを構築しシームレスで明確な金融システムの統合性を提供することと、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)が利用可能になった時に、容易にシステム統合を行うためとのこと。

さらにホワイトペーパーによると中央銀行がCBDCを開発する際には、CBDCをLibraネットワークに直接統合することで、Libraネットワークが準備金を管理する必要がなくなり信用リスクや保管リスクが軽減されることを期待しているとのこと。

そしてLibraはLibraの決済システムがCBDCの公共領域のイノベーションをサポートするためにアップグレーダブルな設計原則をとっているとのこと。

つまりCBDCが発行段階に移行するにつれて、Libraの役割が大きくなることを期待しているとのことだ。

編集部のコメント

Libraのウォレットを開発しているCalibra社 CEOのDavid Marcus氏のツイートによると、Libra Associationへの資金提供も順調とのことです。世界中のステークホルダーの協力を得ながら、Libra Associationは運営を緻密に実行しています。

LibraはFacebookが運用する通貨と言われることが多いですが、実際のところFacebookがLibra Associationへ提供している資金は累計資金の10%未満とのことです。

今回の4つのアップデートにより、兼ねてから各国が懸念していた通貨発行権を略奪するという課題は薄まったと、あたらしい経済編集部は考えます。

そしてLibraは世界中の国が金融取引をより安くシームレスに行うための決済手段としての色が強まったように思えます。

なぜならLibraはCBDC発行を見据えた上で、シングル型の通貨も発行する形へ移行したからです。ただ将来的には世界通貨「Libra」へのLibra Associationの野望も垣間見ることもできると、あたらしい経済は感じています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:Guzaliia-Filimonova

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ジャックドーシー「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」、イーロンマスクらと暗号資産の可能性語る

暗号資産イノベーション評議会(Crypto Council for InnovationI)主催のカンファレンス「The B Word」で、スクエア兼ツイッターCEOのジャック・ドーシー、テスラ兼スペースエックス創業者のイーロン・マスク、アーク・インベストCEOのキャッシー・ウッド氏が7月21日に登壇し、ディスカッション

【7/21の話題】蒼井そらがバイナンスでNFT、FTXがソフトバンクらから資金調達など(音声ニュース)

蒼井そら、バイナンスNFTで書道アートをオークション販売。7月22日から、暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ、欧州委員会が暗号資産の移転にFATFのトラベルルールを適用する法案を提出、NFTマーケットプレイスOpenSea、a16zやShopify創業者らから約110億円調達しユニコーン企業へ、サークル米ドルステーブルコイン「USDC」の準備資産開示、監査法人が証明業務実施、コンコーディウムが開発者助成金プログラム発表、マスターカードが暗号資産支払い簡略化テスト、サークルやパクソスと協力、フィデリティが機関投資家によるデジタル資産への投資に関するレポートを公開、エンジン、SDGs推進の国連グローバルコンパクトに参加、Karura(KAR)がクラーケンに上場、韓国CBDCパイロットプログラムにカカオ子会社、今夜イーロンマスク、ジャックドーシー、キャシーウッドらがイベント「The B Word」に登壇、卓球プロチーム琉球アスティーダがFiNANCiEでクラブトークン発行、三菱商事ファッションがトレードワルツをトライアル利用、アパレル業界初、クリプトゲームスのNFTStudio、二次流通機能追加

Sponsored