Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表

Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表

Libraが中央銀行デジタル通貨との統合を視野に4つのアップデートを発表した。

4つのアップデートの内容は「1. Libraは複数国の通貨を担保するバスケット型の通貨と1国の通貨を担保するシングル型の通貨の2種類になるということ 2. 現状の堅牢な規制システムに準拠した形で、Libraの決済システムの安全性を向上させたこと 3. 世界の主要な経済的特性を維持することを考慮した上で、現段階でのブロックチェーンのパーミッションレスシステムへの移行を見送ること 4. 今後もLibraの設計にはさらなる規制の強化を必要とすること」である。

注目すべきは今回のアップデートにより、Libraにシングル型の通貨の発行が加わる点。ホワイトペーパーによるとシングル型の通貨は、米ドルのステーブルコインであればLibraUSDまたは≋USD、ユーロであればLibraEURまたは≋EUR、ポンドであればLibraGBPまたは≋GBP、シンガポールドルであれば、LibraSGDまたは≋SGDと表記されるようになるとのこと。

シングル型を発行した狙いは、各国内の幅広いユースケースをサポートするためのネットワークを構築しシームレスで明確な金融システムの統合性を提供することと、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)が利用可能になった時に、容易にシステム統合を行うためとのこと。

さらにホワイトペーパーによると中央銀行がCBDCを開発する際には、CBDCをLibraネットワークに直接統合することで、Libraネットワークが準備金を管理する必要がなくなり信用リスクや保管リスクが軽減されることを期待しているとのこと。

そしてLibraはLibraの決済システムがCBDCの公共領域のイノベーションをサポートするためにアップグレーダブルな設計原則をとっているとのこと。

つまりCBDCが発行段階に移行するにつれて、Libraの役割が大きくなることを期待しているとのことだ。

編集部のコメント

Libraのウォレットを開発しているCalibra社 CEOのDavid Marcus氏のツイートによると、Libra Associationへの資金提供も順調とのことです。世界中のステークホルダーの協力を得ながら、Libra Associationは運営を緻密に実行しています。

LibraはFacebookが運用する通貨と言われることが多いですが、実際のところFacebookがLibra Associationへ提供している資金は累計資金の10%未満とのことです。

今回の4つのアップデートにより、兼ねてから各国が懸念していた通貨発行権を略奪するという課題は薄まったと、あたらしい経済編集部は考えます。

そしてLibraは世界中の国が金融取引をより安くシームレスに行うための決済手段としての色が強まったように思えます。

なぜならLibraはCBDC発行を見据えた上で、シングル型の通貨も発行する形へ移行したからです。ただ将来的には世界通貨「Libra」へのLibra Associationの野望も垣間見ることもできると、あたらしい経済は感じています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:Guzaliia-Filimonova

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米下院でBCイノベーション法とデジタル分類基準法が可決、上海証券取引所が上場プロセスの標準化のためのBCパイロットシステム発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国下院で「ブロックチェーン・イノベーション法」と「デジタル分類基準法」が可決、中国の上海証券取引所が株式上場・取引プロセスの標準化のためのブロックチェーンを使ったパイロットシステム発表、米リップル(Ripple)がエナジーウェブ(Energy Web)と提携しブロックチェーンに利用されるエネルギーを脱炭素化の取り組みへ、ステイクテクノロジーズがPlasm Networkのロックドロップにおける総ロック額が54億円相当に達したことを発表、LINE Blockchainを基盤とした外部企業サービスが発表、テックビューロHDがAWS Marketplaceに日本法人として初のパートナー登録

テックビューロHDがAWS Marketplaceに日本法人として初のパートナー登録

テックビューロホールディングス株式会社が、アマゾンウェブサービス(AWS)提供の「AWS Marketplace」に日本法人として初めてパートナー登録を完了したことを9月30日発表した。また同日よりテックビューロHDは同社が開発したブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin Catapult (2.0)」の提供を開始したとのことだ。

ビットフライヤーがBTC/JPYペアの欧州・日本間クロスボーダー取引開始、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のBC電子証明アプリと統合などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

bitFlyerがBTC/JPYペアの欧州・日本間のクロスボーダー取引開始を発表、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表、米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応、サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画