イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリアの通信社ANSAは、Ernst & Young Advisory(EY)と提携してニュースを追跡するためのブロックチェーンプラットフォームを開発したことを発表した。

ANSAは、イタリアの新聞社24社を会員および株主とするニュースワイヤーサービス。同社はイタリアをはじめ世界各地に多数のオフィスを持ち、世界でもトップ10に入る通信社となっている。

開発されたブロックチェーンプラットフォームの名前は「ANSAcheck(アンサチェック)」。これによって読者はANSAプラットフォームで配信された出版物やソーシャルメディアで拡散された記事の出典元を確認することができるようになる。

ANSAcheckは、Ethereumのパブリックブロックチェーン上で動作するEY OpsChainトレーサビリティソリューションをベースにしている。ANSAcheckの仕組みとしてはニュース記事がプラットフォーム内でアップロードされると、テキストのハッシュまたはデジタル指紋がANSAcheckよって記録されることになっている。そして記事がウェブサイトやその他のプラットフォームで公開されると、テキストは再ハッシュ化され、既存のハッシュと比較される。ハッシュ化されたデータが一致した場合、公開された記事にはANSAcheckのデジタルステッカーが貼られる。

 ANSAのCEOであるStefanno de Alessanndri(ステファノ・デ・アレッサンドリ)氏は「ここ数日、フェイクニュースに客観性を持たせるために当社のブランドを利用した詐欺行為が頻繁に行われているのを目の当たりにしました。ANSAcheckを開発したことによって、今日からニュースの発信元を追跡すると同時に、ジャーナリストのプロフェッショナリズムをサポートすることができるようになりました。これはフェイクニュースとの戦いにおける重要な一歩です」とコメントしている。

編集部のコメント

ANSAcheckよって、読者は1日に1,000件以上のニュースアイテムの一次ソースを幅広く把握できるようになるとのことです。そして新型コロナウイルスの影響で、イタリアではニュースとその出所への注目度は最高レベルとのことです。

読者がニュースの出所を確認できるソリューションを提供することは、これまで以上に重要な課題です。 先日「あたらしい経済Now」企画で、インフォバーン CVO小林弘人氏へ取材をしました。
記事 :
「After GAFA」と「After COVID-19」、新型コロナウイルスという脅威は分散化を加速させるか? (インフォバーンCVO 小林弘人氏)

その取材の中でも、メディアが正しい情報を伝え流通させることに価値があり、その策としてブロックチェーンは有用だという話が出ていました。

イタリア通信会社ANSAはその必要性に真っ先に駆られて、すぐに開発しローンチさせたことは本当に素晴らしいことだと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ:stockdevil,Tuadesk,null

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。