イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリアの通信社ANSAは、Ernst & Young Advisory(EY)と提携してニュースを追跡するためのブロックチェーンプラットフォームを開発したことを発表した。

ANSAは、イタリアの新聞社24社を会員および株主とするニュースワイヤーサービス。同社はイタリアをはじめ世界各地に多数のオフィスを持ち、世界でもトップ10に入る通信社となっている。

開発されたブロックチェーンプラットフォームの名前は「ANSAcheck(アンサチェック)」。これによって読者はANSAプラットフォームで配信された出版物やソーシャルメディアで拡散された記事の出典元を確認することができるようになる。

ANSAcheckは、Ethereumのパブリックブロックチェーン上で動作するEY OpsChainトレーサビリティソリューションをベースにしている。ANSAcheckの仕組みとしてはニュース記事がプラットフォーム内でアップロードされると、テキストのハッシュまたはデジタル指紋がANSAcheckよって記録されることになっている。そして記事がウェブサイトやその他のプラットフォームで公開されると、テキストは再ハッシュ化され、既存のハッシュと比較される。ハッシュ化されたデータが一致した場合、公開された記事にはANSAcheckのデジタルステッカーが貼られる。

 ANSAのCEOであるStefanno de Alessanndri(ステファノ・デ・アレッサンドリ)氏は「ここ数日、フェイクニュースに客観性を持たせるために当社のブランドを利用した詐欺行為が頻繁に行われているのを目の当たりにしました。ANSAcheckを開発したことによって、今日からニュースの発信元を追跡すると同時に、ジャーナリストのプロフェッショナリズムをサポートすることができるようになりました。これはフェイクニュースとの戦いにおける重要な一歩です」とコメントしている。

編集部のコメント

ANSAcheckよって、読者は1日に1,000件以上のニュースアイテムの一次ソースを幅広く把握できるようになるとのことです。そして新型コロナウイルスの影響で、イタリアではニュースとその出所への注目度は最高レベルとのことです。

読者がニュースの出所を確認できるソリューションを提供することは、これまで以上に重要な課題です。 先日「あたらしい経済Now」企画で、インフォバーン CVO小林弘人氏へ取材をしました。
記事 :
「After GAFA」と「After COVID-19」、新型コロナウイルスという脅威は分散化を加速させるか? (インフォバーンCVO 小林弘人氏)

その取材の中でも、メディアが正しい情報を伝え流通させることに価値があり、その策としてブロックチェーンは有用だという話が出ていました。

イタリア通信会社ANSAはその必要性に真っ先に駆られて、すぐに開発しローンチさせたことは本当に素晴らしいことだと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ:stockdevil,Tuadesk,null

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された