イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリア通信社ANSAがフェイクニュース撲滅のためブロックチェーンプラットフォーム開発

イタリアの通信社ANSAは、Ernst & Young Advisory(EY)と提携してニュースを追跡するためのブロックチェーンプラットフォームを開発したことを発表した。

ANSAは、イタリアの新聞社24社を会員および株主とするニュースワイヤーサービス。同社はイタリアをはじめ世界各地に多数のオフィスを持ち、世界でもトップ10に入る通信社となっている。

開発されたブロックチェーンプラットフォームの名前は「ANSAcheck(アンサチェック)」。これによって読者はANSAプラットフォームで配信された出版物やソーシャルメディアで拡散された記事の出典元を確認することができるようになる。

ANSAcheckは、Ethereumのパブリックブロックチェーン上で動作するEY OpsChainトレーサビリティソリューションをベースにしている。ANSAcheckの仕組みとしてはニュース記事がプラットフォーム内でアップロードされると、テキストのハッシュまたはデジタル指紋がANSAcheckよって記録されることになっている。そして記事がウェブサイトやその他のプラットフォームで公開されると、テキストは再ハッシュ化され、既存のハッシュと比較される。ハッシュ化されたデータが一致した場合、公開された記事にはANSAcheckのデジタルステッカーが貼られる。

 ANSAのCEOであるStefanno de Alessanndri(ステファノ・デ・アレッサンドリ)氏は「ここ数日、フェイクニュースに客観性を持たせるために当社のブランドを利用した詐欺行為が頻繁に行われているのを目の当たりにしました。ANSAcheckを開発したことによって、今日からニュースの発信元を追跡すると同時に、ジャーナリストのプロフェッショナリズムをサポートすることができるようになりました。これはフェイクニュースとの戦いにおける重要な一歩です」とコメントしている。

編集部のコメント

ANSAcheckよって、読者は1日に1,000件以上のニュースアイテムの一次ソースを幅広く把握できるようになるとのことです。そして新型コロナウイルスの影響で、イタリアではニュースとその出所への注目度は最高レベルとのことです。

読者がニュースの出所を確認できるソリューションを提供することは、これまで以上に重要な課題です。 先日「あたらしい経済Now」企画で、インフォバーン CVO小林弘人氏へ取材をしました。
記事 :
「After GAFA」と「After COVID-19」、新型コロナウイルスという脅威は分散化を加速させるか? (インフォバーンCVO 小林弘人氏)

その取材の中でも、メディアが正しい情報を伝え流通させることに価値があり、その策としてブロックチェーンは有用だという話が出ていました。

イタリア通信会社ANSAはその必要性に真っ先に駆られて、すぐに開発しローンチさせたことは本当に素晴らしいことだと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ:stockdevil,Tuadesk,null

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン活用の貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」にNTTデータや三菱商事ら7社が共同出資

株式会社NTTデータ、三菱商事株式会社、豊田通商株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、兼松株式会社、損害保険ジャパン株式会社の7社が、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」を運営する株式会社トレードワルツに対して共同出資を行うことを10月27日に発表した

SBI日本少短とコンセンサス・ベイスがエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」を用いた代理店・募集人管理基盤システム開発

SBIホールディングスグループのSBI日本少額短期保険株式会社(SBI日本少短)とブロックチェーン開発企業であるコンセンサス・ベイス株式会社が、エンタープライズ向けブロックチェーン・プラットフォーム「コルダ(Corda)」を活用した少短会社(少額短期保険業者)向け「代理店・募集人管理基盤システム」を開発したことを10月27日プレスリリースにて発表した

クオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0クライアントの監査完了「フェーズ0のローンチは非常に近い」

スマートコントラクト監査会社のクオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0のクライアントであるTeku(テク)の監査を終え「イーサリアム2.0(Ethereum2.0)のリリース準備はほとんど整っている」との意見を示したことをブロックチェーンメディアDecryptが10月26日に報じた。

スイス国立銀行と国際決済銀行が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験開始か

スイス国立銀行(SNB)と国際決済銀行(BIS)が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を行う計画があることを、BIS Innovation Hubの責任者を務めるブノワ・クーレ(Benoit Coeure)氏が10月25日に上海で開催されたバンド・サミット(Bund Summit)で明らかにしたことを中国のニュースメディア「The Paper」が報じた。

中国人民銀行がデジタル通貨発行へ向け銀行法改正の公開協議、露中銀総裁が21年末までにデジタル通貨試験導入可能性を示唆などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国人民銀行がデジタル人民元発行を目的に銀行法改正の公開協議開始、ロシア中央銀行総裁が2021年末までにデジタル通貨試験導入の可能性を示唆、米内国歳入庁(IRS)が2020年度の個人所得税申告書(Form1040)に暗号資産取引・保有の有無の記入欄を作成、慶応大や伊藤忠テクノらが卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験開始