バイナンスがCoinMarketCapを4億ドルで買収か

バイナンスがCoinMarketCapを4億ドルで買収か

仮想通貨取引所バイナンスが仮想通貨の分析サイトCoinMarketCapを4億ドルで買収検討していると「The Block」が報じた。

報道によると両社のディールは今週発表される予定となっていて、完了した場合、仮想通貨業界で最大の買収の一つとなる。

サイト分析ツールSimilarWebによると、CoinMarketCapは最も人気のある仮想通貨分析サイトで、過去6ヶ月間に2億720万人のトラフィック数をあげている。一方、バイナンスは過去6ヶ月間で1億1380万人のトラフィック数となっている。つまり、現時点でCoinMarketCapのトラフィック数はバイナンスのそれよりも80%多い。

またバイナンスのCEOであるCZは2020年1月に2020年中に大きな買収案件を2つ検討していると、「The Block」は報じていた。

実際にバイナンスは、2019年には少なくとも9社を買収ししている。公に発表されたのは数社のみ。その中には、ウォレットプロバイダーの「Trust Wallet」、ブロックチェーンデータのスタートアップ「DappReview」、インドの取引所「WazirX」、インド洋の島国セーシェル共和国拠点のデリバティブプラットフォーム「JEX」などが明らかになっている。

編集部のコメント

「The Block」が仮想通貨取引所のトラフィック数の割合を共有しています。1位はバイナンス21.7%、2位コインベース20.3%、3位BitMEX11.8%となっています。ちなみに日本の取引所Zaif13位で1.7%、bitFlyer16位で1.2%、Bitbankは17位で1.1%となっています。バイナンスがCoinMarketCapを買収をする最大の理由は、仮想通貨取引に関心がある他の取引所のユーザーに対するマーケティングを効率よく行うことではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏

イメージ:antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達