バイナンスが韓国で仮想通貨取引所をローンチへ

バイナンスが韓国で仮想通貨取引所をローンチへ

大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、韓国にて仮想通貨取引所「Binance KR」を立ち上げることを3月31日プレスリリースにて発表

Binance KRの立ち上げは、Binanceが2月に提供を開始した、仮想通貨取引所の開設と運営をサポートする法人向けクラウドサービス「Binance Cloud」の最初のユースケースとなるとのこと。

また同取引所の立ち上げ時には、3月にBinanceが発行の発表をしていた韓国ウォン(KRW)のステーブルコイン「Binance KRW(BKRW)」を取り扱いをすると、同じく31日に発表がされている。

BKRWを含め、同取引所の取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)となり、近日中にもテザー(USDT)やBinance USD(BUSD)の取り扱いを開始するとのことだ。

Binance KRは韓国及び日本時間で、4月2日10:00にはユーザー登録と入金の受付を開始。4月6日10:00に取引を開始し、出金は同9日の10:00より可能とのこと。

編集部のコメント

Binance Cloudは、仮想通貨取引所バイナンスのコア機能を顧客へ提供するサービスで、顧客はバイナンスのセキュリティや技術を利用し、ローカル市場において仮想通貨取引所を効率的に開設運営ができるサービスとなっています。
同サービスは現在オールインワンソリューションとして、スポット市場・先物取引をはじめ、銀行APIの統合、法定通貨と仮想通貨取引可能なP2Pサービス資金・多言語サポート・取引ペア・取り扱い仮想通貨を管理するダッシュボード機能などが利用可能になっています。 またBinance KRW(BKRW)は、1BKRW=1KRWのレートで韓国ウォンとペッグする形で取引が可能なステーブルコインで、バイナンスの独自ブロックチェーンのBEP-2規格トークンとして発行がされています。

今回の取引所開設までの流れは、Binanceが韓国の地元企業BxB Inc.(ブロックバイブロック)を買収したところから始まっています。今後バイナンスが他の国の地元企業を買収した際には、今回と同様に他国でも取引所開設への流れになるであろうと考えます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。