Defiサービス提供企業ZerionがMyDefiを買収(Zerion Founderコメントあり)

Defiアプリ提供企業ZerionがMyDefiの買収を発表したことを明らかにした。

MyDeFiは2019年9月にBaptiste Grèveによって開発されたDefiユーザーのポートフォリオ管理アプリ。MyDeFiのデスクトップとモバイルアプリで現在扱っているプロトコルは、TokenSets、Compound、Maker、dYdX、Synthetix、Augurなど。

MyDeFiのFouunderであるBaptiste Greve(バプティスト・グリーブ)氏は「Zerionにバトンを渡しながらも、MyDeFi の開発を続けられることをとても嬉しく思います。私のミッションを達成するためには、Zerionチームが最も適しているものだと思いました。Zerionすでに DeFiの分野で最も先進的なチームの一つであり、業界の進化に関するビジョンを共有していました。私はMyDeFiコミュニティを数百人のデイリーユーザーに成長させることに成功し、Zerionが数百万人に拡大するのを待ちきれません」とコメント。

最終的には、ZerionはMyDeFi を完全にオープンソース化するのを目標にしているとのこと。

あたらしい経済編集部はZerionのFounderでCEOのEvgeny Yurtaev(エブゲニ・ユルタエフ)氏へ「いまのDeFi領域に最も必要な要素は何か。そして、大手取引所CoinbaseがDefi領域へ大きく参入しているが、どのように差別化を狙っていくのか」について質問を投げかけた。

ZerionのCEOであるEvgeny Yurtaev(エブゲニ・ユルタエフ)氏は「DeFi領域への知識のギャップとUXの悪さがマスアダプションの最大の妨げになっていると思います。ですのでZerionとしては、その改善を行なっていきたいと思っています。そして私たちは、Coinbaseなどとは違う戦略を持っていると思います。私たちは、私たちは私たちは市場に存在するほぼすべてのDeFiプロトコルと統合されています。私たちのユーザーは、受動的な利回り戦略を得るために単純な「預金」よりもDeFiサービスをうまく利用した上でのサービス活用をできます。だから、主体的なユーザを増やすことが大切だと考えています。主体的なユーザを増やすことは、サービス内の取引ボリュームの増加につながるからです」とコメントしている。

編集部のコメント

DeFi領域に関して、大手取引所のCoibaseの動きも比較しながら考えると、非常に面白いと思います。Coinbase、ZerionともユーザーがDeFiで金利を得やすい環境を整えること、ユーザを獲得することに注力しています。

Coinbase Walletは、DeFiアプリdYdX、Compoundと連携していて、すでにCompoundやdYdXなどのDeFiアプリに数百万ドルを入金しており、最高6%の年利で利息を得ることができるようになっています。

さらに、ユーザーはcoinbase walletに内蔵された分散型アプリケーションブラウザ、もしくはデスクトップのWalletLinkを介してこれらのアプリにアクセスでき、Defiアプリによって異なるレートを比較したり、ウェブブラウザを開かず仮想通貨を入金できるようにするなど、シンプルで統一されたダッシュボードで残高を確認することができるようにもしております。

このように大手の取引所がDeFiへのアクセスをより良くしている中で、単体のDeFiアプリであるZerionがどのような戦略をとるかは、非常に興味深いところだとあたらしい経済編集部は考えます。あたらしい経済編集部として、単独のDeFiアプリは利用するユーザーの獲得を狙っているのではなく、API連携、オープンソース化を通してデベロッパーエクスペリエンスの向上を測るのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)
イメージ:LuckyStep48,Tuadesk

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる