Defiサービス提供企業ZerionがMyDefiを買収(Zerion Founderコメントあり)

Defiアプリ提供企業ZerionがMyDefiの買収を発表したことを明らかにした。

MyDeFiは2019年9月にBaptiste Grèveによって開発されたDefiユーザーのポートフォリオ管理アプリ。MyDeFiのデスクトップとモバイルアプリで現在扱っているプロトコルは、TokenSets、Compound、Maker、dYdX、Synthetix、Augurなど。

MyDeFiのFouunderであるBaptiste Greve(バプティスト・グリーブ)氏は「Zerionにバトンを渡しながらも、MyDeFi の開発を続けられることをとても嬉しく思います。私のミッションを達成するためには、Zerionチームが最も適しているものだと思いました。Zerionすでに DeFiの分野で最も先進的なチームの一つであり、業界の進化に関するビジョンを共有していました。私はMyDeFiコミュニティを数百人のデイリーユーザーに成長させることに成功し、Zerionが数百万人に拡大するのを待ちきれません」とコメント。

最終的には、ZerionはMyDeFi を完全にオープンソース化するのを目標にしているとのこと。

あたらしい経済編集部はZerionのFounderでCEOのEvgeny Yurtaev(エブゲニ・ユルタエフ)氏へ「いまのDeFi領域に最も必要な要素は何か。そして、大手取引所CoinbaseがDefi領域へ大きく参入しているが、どのように差別化を狙っていくのか」について質問を投げかけた。

ZerionのCEOであるEvgeny Yurtaev(エブゲニ・ユルタエフ)氏は「DeFi領域への知識のギャップとUXの悪さがマスアダプションの最大の妨げになっていると思います。ですのでZerionとしては、その改善を行なっていきたいと思っています。そして私たちは、Coinbaseなどとは違う戦略を持っていると思います。私たちは、私たちは私たちは市場に存在するほぼすべてのDeFiプロトコルと統合されています。私たちのユーザーは、受動的な利回り戦略を得るために単純な「預金」よりもDeFiサービスをうまく利用した上でのサービス活用をできます。だから、主体的なユーザを増やすことが大切だと考えています。主体的なユーザを増やすことは、サービス内の取引ボリュームの増加につながるからです」とコメントしている。

編集部のコメント

DeFi領域に関して、大手取引所のCoibaseの動きも比較しながら考えると、非常に面白いと思います。Coinbase、ZerionともユーザーがDeFiで金利を得やすい環境を整えること、ユーザを獲得することに注力しています。

Coinbase Walletは、DeFiアプリdYdX、Compoundと連携していて、すでにCompoundやdYdXなどのDeFiアプリに数百万ドルを入金しており、最高6%の年利で利息を得ることができるようになっています。

さらに、ユーザーはcoinbase walletに内蔵された分散型アプリケーションブラウザ、もしくはデスクトップのWalletLinkを介してこれらのアプリにアクセスでき、Defiアプリによって異なるレートを比較したり、ウェブブラウザを開かず仮想通貨を入金できるようにするなど、シンプルで統一されたダッシュボードで残高を確認することができるようにもしております。

このように大手の取引所がDeFiへのアクセスをより良くしている中で、単体のDeFiアプリであるZerionがどのような戦略をとるかは、非常に興味深いところだとあたらしい経済編集部は考えます。あたらしい経済編集部として、単独のDeFiアプリは利用するユーザーの獲得を狙っているのではなく、API連携、オープンソース化を通してデベロッパーエクスペリエンスの向上を測るのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)
イメージ:LuckyStep48,Tuadesk

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。