バイナンスアカデミーが上海政府と共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立へ

バイナンスアカデミーが上海政府と共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立へ

バイナンスアカデミーが中国上海にオフィスを開設するにあたり上海地方政府と合意に至ったことを、3月27日仮想通貨取引所バイナンスCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏が自身のTwitterで明らかにした

バイナンスアカデミーは、仮想通貨取引所バイナンスが無料で提供するブロックチェーン・仮想通貨教育プラットフォームだ。

CZ氏のTwitterにて紹介された地元メディアThe BlockBeatsの報道によると、バイナンスアカデミーと上海地方政府は共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立し、ブロックチェーンの技術研究、産業開発、人材育成などを行っていくとのことだ

編集部のコメント

バイナンスアカデミーは、2018年にベータ版がローンチされた教育プラットフォームです。無料で情報を確認できるほか、日本語にも対応をしています。
またバイナンスと上海については、昨年11月に、バイナンスCEOのCZ氏が、米国仮想通貨メディア「The Block」の「Binance’s Shanghai office shut down following police raid, sources say」という記事の報道を否定し、当時CZ氏は「Binanceは上海にオフィスを構えていないし、警察の襲撃などの事実はない」とツイートをしていました。
このニュースが出た当時はバイナンスは上海にオフイスを構えていませんでしたが、昨年10月24日に中国の習近平国家主席がブロックチェーン推進の国家戦略発言を行い、その一環として同研究所が設立されたと報道がされていました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:artsstock,Tuadesk,stockdevil)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した