アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入

アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入

アリババの金融子会社であるアントフィナンシャルが同社が運営するブロックチェーンプラットフォームのトレーサビリティシステムを越境ECサイトKaolaにインテグレートしたことを発表した。

アリババはKaolaを2019年にNetEase社から20億ドルで買収している。

トレーサビリティソリューションのアップグレードは、Kaolaの全製品をカバーし、今後はプラットフォーム上のサードパーティ加盟店や海外のダイレクトメールサービスもブロックチェーンを利用していくとのことだ。アリババは、このソリューションを62の国と地域、2,897のカテゴリー、7,432のブランドをカバーするようにスケールアップする計画のようだ。

Kaolaのサプライチェーン品質管理者であるZhao Jiechen(ジャオ・ジェチェン)氏は「ブロックチェーンによるトレーサビリティの最大の意義は、消費者に商品がどこから来たのか、どこへ届くのか、どこに存在するのかを知ってもらうことだ」とコメントしている。

編集部のコメント

アントフィナンシャル社はすでにブロックチェーンを活用した事例も多く、医療・サプライチェーン・貿易金融・決済領域などの分野で莫大な金額がトランザクションされています。

アントフィナンシャルのVice PresidentであるJiang Guofei氏は「このプラットフォームは、中小企業が低コストで独自のブロックチェーンアプリケーションを開発するのに役立つ。さらに、プラットフォームは1日あたり10億のトランザクションをサポートし、1秒あたり100,000のクロスチェーン情報処理能力を達成できる」と1月のイベントで話しています。

越境ECなどボーダレスな消費体験が必要とされる領域は、アリババが中国国内トップのECサイトを運用していることから、もっとも得意な分野であると考えられます。だから、ECサイトの利点、課題とも全て周知した状態で、ブロックチェーンを適用させていくのではないか、とあたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ:(antoniokhr,liuzishan)

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored