Coinbase WalletがDeFiアプリと連携したことを発表

Coinbase WalletがDeFiアプリと連携したことを発表

Coinbase WalletがDeFiアプリdYdX、Compoundと連携したことが明らかになった

Coinbaseウォレットユーザーは、すでにCompoundやdYdXなどのDeFiアプリに数百万ドルを入金しており、最高6%の年利で利息を得ることができるとのこと。

現在、ユーザーはcoinbase walletに内蔵された分散型アプリケーションブラウザ、もしくはデスクトップのWalletLinkを介してこれらのアプリにアクセスしている。

さらにCoinbase Walletは、Defiアプリによって異なるレートを比較したり、ウェブブラウザを開かず仮想通貨を入金できるようにするなど、シンプルで統一されたダッシュボードで残高を確認することができるようにもした。

現時点では、ETH、USDC、DAI、BAT、REP、WBTC、ZRXなど、さまざまなEthereumベースのトークンを貸し出すことが可能。そして現在の年利は、0.03%から4.17%となっている。金利は変動金利であり、頻繁に変更される可能性がある。

Coinbaseのブログには注意書きとして「DeFiレンディングアプリは比較的初期のものであり、リスクを伴うことに注意してください、DeFiのアプリはブロックチェーン上で実行されているプログラムであり、他のコンピュータコードのように、お金を失う原因となるバグを持っている可能性があり、返却は保証されておらず、預金は保証されていません」と記載されている。

編集部のコメント

Coinbaseは今月初旬に、Coinbase CardがGoogle Playで利用可能になったりと他のプラットフォームやプロバイダーとの連携が進んでいます。今回の取り組みを大手の取引所が実行することは、大変興味深いと考えられます。BinanceがPoSサービスを提供していますが、他のDeFiのサービスとプロトコルレイヤーで接続するのは、金融領域において非常にイノベーティブな戦略だとあたらしい経済編集部は考えています。なぜならプロバイダー側はシステム運用のコストを下げ、金利を上げることができ、双方によってメリットが大きいからです。さらにDeFiサービスの流動性も高まり、分散型金融の発展に大きく貢献していると考えられます。
そして、dYdXとCompoundへのCoinbaseの取り組みは、昨年9月にCoinbaseが設立した「USDCブートストラップ・ファンド(USDC Bootstrap Fund)」というファンドの取り組みの一環とも考えられます。なぜならUSDC Bootstrap Fundを通して、それぞれのプロトコルに100万USDCを投資しているからです。Coinbaseはプロトコルレイヤーへの投資、そしてシステム連携とあらたな資本戦略の形も提案し実行しているのだと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Panuwat-Sikham,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

Googleが米国でのデジタル銀行サービス提供計画ProjectCasheを拡大、スタートバーンが経営体制変更と資金調達実施、日本STO協会に三菱UFJ信託銀行が入会などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)」の拡大を発表、アート×ブロックチェーン企業のスタートバーンが経営体制変更と資金調達を実施、日本STO協会に正会員として三菱UFJ信託銀行、賛助会員として他11社が新規入会、LayerXとウフルが安心安全なデータ流通の実現に向けIoT・ブロックチェーンで協業、日本ブロックチェーン協会(JBA)とガイアックスがアイデアソン「Blockchain Bootcamp 2020 Summer」を共催、クリプトスペルズがHuobi Japanとコラボキャンペーンを実施

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)の拡大を発表

Googleがアメリカでのデジタル銀行サービス提供計画「Project Cashe(プロジェクト・キャッシュ)の拡大を発表した。新しいパートナーとしてBank Mobile(バンクモバイル)、BBVA USA、BMO Harris(ビーエムオー・ハリス)、Coastal Community Bank(コースタル・コミュニティ・バンク)、First Independence Bank(ファーストインディペンデンス・バンク)、SEFCU(State Employees Federal Credit Union)を迎え入れるとのこと。「Project Cashe」は2019年11月に発表されていて、既にCity BankとSFCUはパートナーになっている。そして「Project Cashe」は2021年にサービス提供を開始する予定とのことだ。

日本ブロックチェーン協会(JBA)とガイアックスがアイデアソン「Blockchain Bootcamp 2020 Summer」を共催

株式会社ガイアックスが一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)と知識ゼロからブロックチェーンを学び、ビジネスアイディアを事業化するワークショップ(アイデアソン)「Blockchain Bootcamp 2020 Summer 〜ゼロから高速でブロックチェーンを学びアウトプットできる2日間〜」を8月29日より開催することを8月3日に発表した

プーチン大統領がロシアでの暗号資産支払い禁止法案に署名、イングランド銀行がアクセンチュアを即時グロス決済サービスの技術パートナーに任命などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

プーチン大統領がロシア国内での暗号資産(仮想通貨)支払いを禁止する法案に署名、元中国人民銀行副総裁の王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)はさらなる金融システムの安定化に関する役割も担うべき」と発言、イングランド銀行がアクセンチュアを即時グロス決済(RTGS)サービスの技術パートナーに任命、JVCEAとJCBAが2021年度税制改正にあたり共同で要望書取りまとめ、オタクコイン協会がオタク関連イベントに副賞として最大100万枚のオタクコインを無償付与するプログラム発表

元中国人民銀行副総裁の王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)はさらなる金融システムの安定化に関する役割も担うべき」と発言

元中国人民銀行副総裁で現Haixia Blockchain Researchの研究長を務める王永利(ワン・ギョンリ)氏が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、現金の代替物としてだけでなく、中央銀行の果たす金融システムの安定化の役割も担っていくだろう」と自身のWechatアカウントで投稿した。