Coinbase WalletがDeFiアプリと連携したことを発表

Coinbase WalletがDeFiアプリと連携したことを発表

Coinbase WalletがDeFiアプリdYdX、Compoundと連携したことが明らかになった

Coinbaseウォレットユーザーは、すでにCompoundやdYdXなどのDeFiアプリに数百万ドルを入金しており、最高6%の年利で利息を得ることができるとのこと。

現在、ユーザーはcoinbase walletに内蔵された分散型アプリケーションブラウザ、もしくはデスクトップのWalletLinkを介してこれらのアプリにアクセスしている。

さらにCoinbase Walletは、Defiアプリによって異なるレートを比較したり、ウェブブラウザを開かず仮想通貨を入金できるようにするなど、シンプルで統一されたダッシュボードで残高を確認することができるようにもした。

現時点では、ETH、USDC、DAI、BAT、REP、WBTC、ZRXなど、さまざまなEthereumベースのトークンを貸し出すことが可能。そして現在の年利は、0.03%から4.17%となっている。金利は変動金利であり、頻繁に変更される可能性がある。

Coinbaseのブログには注意書きとして「DeFiレンディングアプリは比較的初期のものであり、リスクを伴うことに注意してください、DeFiのアプリはブロックチェーン上で実行されているプログラムであり、他のコンピュータコードのように、お金を失う原因となるバグを持っている可能性があり、返却は保証されておらず、預金は保証されていません」と記載されている。

編集部のコメント

Coinbaseは今月初旬に、Coinbase CardがGoogle Playで利用可能になったりと他のプラットフォームやプロバイダーとの連携が進んでいます。今回の取り組みを大手の取引所が実行することは、大変興味深いと考えられます。BinanceがPoSサービスを提供していますが、他のDeFiのサービスとプロトコルレイヤーで接続するのは、金融領域において非常にイノベーティブな戦略だとあたらしい経済編集部は考えています。なぜならプロバイダー側はシステム運用のコストを下げ、金利を上げることができ、双方によってメリットが大きいからです。さらにDeFiサービスの流動性も高まり、分散型金融の発展に大きく貢献していると考えられます。
そして、dYdXとCompoundへのCoinbaseの取り組みは、昨年9月にCoinbaseが設立した「USDCブートストラップ・ファンド(USDC Bootstrap Fund)」というファンドの取り組みの一環とも考えられます。なぜならUSDC Bootstrap Fundを通して、それぞれのプロトコルに100万USDCを投資しているからです。Coinbaseはプロトコルレイヤーへの投資、そしてシステム連携とあらたな資本戦略の形も提案し実行しているのだと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Panuwat-Sikham,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored