スイスのSygnum銀行がステーブルコインを発行

スイスのSygnum銀行がステーブルコインを発行

仮想通貨企業でありスイスで銀行ライセンスを持つSygnumが、スイスフラン(CHF)と連動したステーブルコインをローンチしたことを、3月23日プレスリリースにて発表した 。

Sygnumは、スイスとシンガポールに拠点を持ち、両国でデジタル資産銀行の運営を行っている企業である。

今回発表されたデジタルCHFトークン(DCHF)は、スイス国立銀行(SNB)の保有するスイスフラン(CHF)と1:1で裏付けされているとのことで、スイスで規制される銀行として初のステーブルコイン発行となる。

地元メディアswissinfoの報道によると同社は、スイス証券取引所(SIX)グループが年末にローンチを予定しているデジタル資産取引プラットフォームSIX Digital Exchange (SDX)のコンソーシアムにも参加をしており、同プラットフォームをDCHFを流通させるために開発をしているとのことだ。

Sygnum社は、DCHFがスマートコントラクトによって生成することで、デジタル企業の株式への配当にも使用できると述べた。

またDCHFの為に開発されたフレームワークは、他国の通貨にも転用ができるとプレスリリースにて述べてられている。

編集部のコメント

Sygnumは昨年8月にスイス金融市場監督局(FINMA)から銀行と証券のディーラーライセンスを取得しています。またシンガポール金融管理局(MAS)から証券業、先物業、ファンド・マネジメント業(資産運用業)に関わる資本市場サービス(Capital Markets Services; CMS)ライセンスを昨年10月に取得しています。
地元メディアswissinfoによると、SIX Digital Exchange (SDX)は、企業の株式や債券など金融資産の取引を、より迅速かつ費用対効果の高いものにすることを予定しているとのことです。
また費用対効果の高い取引をするためには、デジタル通貨が必要であり、通貨の安全性利便性を考え、スイス国立銀行(SNB)がCBDCの発行が検討されているようです。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:stockdevil,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。