(HashHub CEO平野氏コメント追記)HashHubがConsenSysの開発ツールMythXとInfuraの無償クレジットを提供

HashHubがConsenSysの開発ツールMythXとInfuraの無償クレジットを提供

株式会社HasHubが、同社提携先のConsenSys社提供のプロダクトであるノードホスティングサービスInfuraとコード監査ツールMythXの無償クレジットを、HashHubエンタープライズプランに追加したことを3月24日プレスリリースにて発表した。

HashHubエンタープライズプランは、株式会社HasHubが提供するブロックチェーンレポートの購読やコワーキングコミュニティ利用が含まれるサービス。

今回サービスの中にInfuraやMythXのトライアル利用が追加されたことによって、調査や情報収集だけに留まらず、その先のサービス開発へ進んだ際にConsenSysのビジネス向け開発ツールを利用することができるようになったとのことだ。

コード監査ツールであるMythXは、イーサリアム及びEVMベースのスマートコントラクトのためのセキュリティSaaSツール。脆弱性のスキャンや分析などを提供する複数のコンポーネントから成り立って統合する複合分析技術を使い、従来のセキュリティツールで散見されていた誤検出を取り除いた正確な分析結果が得られ、修正すべき点を知ることができるとのこと。

ノードホスティングサービスであるInfuraは、イーサリアムのネットワークノードのホスティングサービスで、開発者向けにシンプルで信頼性の高いブロックチェーンツールとインフラストラクチャを提供している。通常であれば発生する面倒なノードの設定が必要なく、誰でも簡単に使い始めることができ既存のイーサリアム関連プロダクトやサービスでもすでに多くの利用実績を持っているとのことだ。

あたらしい経済編集部は、HashHub CEO平野淳也氏へ「エンタープライズ領域において、ブロックチェーンを利用した開発ニーズは、現状増えているのでしょうか?」と質問。 同質問に対し平野氏は「エンタープライズ領域において、開発のニーズは増えています。HashHubではリサーチとレポートサービス、要件定義までのコンサルティング、そしてそのあとの開発と事業化までを企業に提案していて、その過程で使えるツールの1つとしてConsenSysのものを今回パッケージにいれています」とコメントしてくれた。

編集部のコメント

HasHubとConsenSysは昨年9月に、日本国内での法人向けブロックチェーン導入支援の提供について提携を行っています。

ConsenSysでは、現実の法律をスマートコントラクトで執行するOpenLaw、コンソーシアムブロックチェーンのフレームワーク(Hyperledger Besu)、ブロックチェーンデータ分析ツール・コード監査などのプロダクトポートフォリオも有しています。
今後はこれらを組み合わせて、HasHubは新たなサービスを提供していくことを提携時に展望として語っていました。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:RomanOkopny,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。