ビットフライヤーが代表取締役を交代

ビットフライヤーが代表取締役を交代

株式会社bitFlyerが同社代表取締役の異動決定を3月23日プレスリリースにて発表した。

新代表取締役には、3月22日付けで三根公博(みねきみひろ)氏が代表取締役代行として就任した。

同氏は代表取締役代行の他、事業戦略本部、システム開発本部、オペレーション本部を担当し、1月より就任しているbitFlyer USA, Inc. のディレクターも引き続き兼任する。

同氏は、2019年3月にリスク・コンプライアンス副本部長として株式会社bitFlyerに入社。過去には 松井証券株式会社にて取締役 経営企画部長、株式会社SBI 証券、マネックスグループ株式会社、コインチェック株式会社にて執行役員を歴任している人物だ。

なお昨年1月25日より同社代表取締役を務めていた、平子惠生(ひらこよしお)氏は、同日付で同社の代表取締役の他、リスク・コンプライアンス本部本部長と取締役も辞任している。

あたらしい経済が同社へ問合せをしたところ、株式会社bitFlyer Holdingsの代表取締役については、現在平子氏が権利義務取締役となっており、3月30日の株主総会にて、新体制に移行する見込みとのことだ。

編集部のコメント

株式会社bitFlyerは、グループ全体における合計の顧客数が250万人を突破しましたことを3月11日に発表しています。同社は2014年に創業し同年に仮想通貨取引所bitFlyerを開設し、今年に7期目を迎えています。
2017年11月には初の海外進出事業として米国にbitFlyer USA, Inc.を設立し、米国における仮想通貨交換業を開始、続いて 2018年1月には、ルクセンブルクに bitFlyer EUROPE S.A.を設立し、欧州連合における仮想通貨交換業を開始しています。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Pict-Rider)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「メイツーがイーサとビットコイン取得、ロビンフッドがナスダック上場検討など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

香港証券取引所上場のMeitu Groupが15,000ETHおよび379BTCを取得、米投資アプリのロビンフッドがナスダックでの上場検討か、イーサリアムの手数料改善案「EIP-1559」が7月のアップグレードで導入予定、標準料金化へ、ジャックドーシーが自身のツイートをNFTで販売、価格は約2億7,000万円に、米金融スタートアップのエコ(Eco)がa16zらから約28億円の資金調達、Bybitが英国でのサービス提供を停止へ、IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

米IBMがモデルナ(Moderna)と共に、ブロックチェーンやAIなどの技術を利用し新型コロナウイルス感染症ワクチンの管理をする計画を3月4日発表した。 モデルナは米国マサチューセッツ州に拠点を置くバイオ医薬品メーカーであり、新型コロナウイルス感染症ワクチンを開発する企業だ。日本においても武田薬品工業株式会社がモデルナの同ワクチンの製造販売承認取得後に2021年前半から5,000万回接種分を国内において順次供給予定であることを発表している