IOST財団がIOST BaaSの開発発表、導入サポートをエバーシステムが開始

IOST財団がIOST BaaSの開発発表、導入サポートをエバーシステムが開始

パブリック・ブロックチェーン・プラットフォームを提供するIOST財団が、エンタープライズ向けにブロックチェーン・クラウドベース・インフラであるBlockchain-as-a-Service(BaaS)「IOST BaaS」を設計したことを3月23日プレスリリースにて発表。

またエバーシステム株式会社が、「IOST BaaS」の導入サポートを開始したことを同日にプレスリリースにて発表した。

BaaSは、企業がクラウドベースのサービスを使用して、ブロックチェーンアプリケーションを使用 / 機能 / 管理ができるようにする、開発プロセスを容易にするブロックチェーンプラットフォーム。

IOST BaaSは、Hyperledger Fabricが基盤に利用されているとのことで、ブロックチェーンの6つの基盤となるコアテクノロジーである、マルチクラウドサポート、マルチチェーンサポート、権限管理、スマートコントラクト、プライバシー保護、コンセンサスメカニズムに基づいているとのこと。

編集部のコメント

エバーシステム株式会社は、イーサリアムプラットフォームでのオリジナルブロックチェーンゲームの開発からHyperledger Fabric、 IOSTブロックチェーンプラットフォームでの開発実績を持つ企業です。同社は、長野県富士見町での電力取引(ブロックチェーン)の実証実験に、IOSTと共に参加しています。
BaaSはクラウドベースで提供されているという経緯から、主にこれまでクラウドサービスの提供を行ってきた企業が自社のクラウドサービスの一環として提供しています。主なプロジェクトとして、Amazonが提供するAWS利用のAmazon Managed Blockchain、Microsoftが提供するAzure利用のAzure Blockchain Serviceがあります。Amazon Managed Blockchainでは、Hyperledger Fabric、Ethereumをサポートしており、Azure Blockchain Serviceでは、Hyperledger Fabric、Corda、Quorum、Ethereumをサポートしています。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで