中国人民銀行が同行らが運営するブロックチェーンプラットフォームへ約5億円投資

中国人民銀行が同行らが運営するブロックチェーンプラットフォームへ約5億円投資

中国人民銀行(PBoC)が、同行らが運営するブロックチェーンの貿易金融プラットフォーム発展のために、特別資金で3235万元(約470万ドル)を準備したことを、メディアGlobal Timesが報じた。

3年かけて投入されるこの資金は、中小企業(SME)がより広範な資金調達ツールにアクセスするためのプラットフォームへ改善するためとのことだ。

このプラットフォームは、2018年9月に開始され、中国人民銀行のデジタル通貨研究所、中国科学院、清華大学など主要な中国の大学、および地元の銀行によって監督、運営されている ・プラットフォーム参加銀行は、35行を超えていて、2019年12月に870億元(約124億ドル)相当の取引の処理をしたことが明らかになっている。そして、このプラットフォームは、中小企業の融資承認の効率を大幅に改善したと言われていて、具体的には、貿易金融の処理に必要な時間は10日以上から約20分に短縮され、企業の資金調達コストは6%未満に低下したとのことだ。

編集部のコメント

2019年11月に、香港金融管理局がブロックチェーンベースの貿易金融プラットフォーム「eTradeConnect」と、この貿易金融プラットフォームをインテグレートし、貿易金融ビジネスを拡大する契約を締結しています。このように、ブロックチェーンによって、海外とのファイナンス取引も、統一帳簿のリアルタイム共有が実現できます。

つまり、企業が入力した越境取引情報を書き換えることができなくなり、商業銀行と人民銀行が情報をリアルタイムで入手し、トレースすることができるようになります。これまで真偽の検証や取引のチェックなどは、人力で行なっていましたが、そのプロセスを省くことができます。

あたらしい経済編集部は、企業、民間銀行、中央銀行、税務機関が取引をリアルタイムで共有し、検証、監査できることによって、大幅なコスト削減を実現でき、その削減したコストにより、資金調達など手数料を下げることが実現できるようになったのではないか、と考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:stockdevil,Guzaliia-Filimonova)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。