北京市が駐車場料金の請求書をブロックチェーンで発行

北京市が駐車場料金の請求書をブロックチェーンで発行

北京市が、ハンウェイインターナショナルプラザの駐車場料金の請求書をブロックチェーン上で発行したと、ピープルズデイリーが報じた。なおこの仕組みはパイロット版とのことだ。

税務局の関係者は「駐車場は、街でブロックチェーンの請求書発行を導入する最初のステップであり、他の納税企業や企業はまもなくシステムに統合されていくでしょう」とコメントしている。

北京市は、税務局、請求書発行者、支払者をブロックチェーンを活用して、単一のプラットフォームで結びつけることを望んでいるとのことだ。

編集部のコメント

中国ではブロックチェーンを活用した請求書発行は新しいものでありません。2019年末から、現在にかけて、深圳税務局は1,000万件を超えるブロックチェーン請求書を発行しています。中国・深圳では、テンセントが提供するブロックチェーン運用基盤「TBaaS」 を利用したシステムが2018年にリリースされています。このシステムは2019年3月には地下鉄の電子領収書にも採用され、一般ユーザーにも普及しています。

さらに、深圳税務局は、平安(Ping An)と協力して、AI、ブロックチェーン、その他の技術を使用したスマートタックスモデルを開発すると発表しています。中国では、実レベルでブロックチェーンの活用が進んでいます。これは、政府が中心となりブロックチェーンの実利用を勧めていることが大きいと考えられます。

請求書をトークン化し、ブロックチェーン上で移転させられると、明らかに認証・承認スピードが高まるので、ブロックチェーンのユースケースとして非常にふさわしいものだと、あたらしい経済編集部は考えています。このユースケースを他業界の認証・承認のフレームに当てはめて、中国はブロックチェーンの推進をしていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:stockdevil)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。