HashHubとやさしいDeFiが日本初のDeFiをテーマにしたハッカソンを開催

HashHubとやさしいDeFiが日本初のDeFiをテーマにしたハッカソンを開催

株式会社HashHubが、日本初のDeFiをテーマにしたハッカソンを同社運営のコワーキングスペースのHashHubにて開催することを2月28日プレスリリースにて発表

同ハッカソンは、分散型金融の教育を目的としたコミュニティ「やさしいDeFi」と共催で、4月25~26日の期間にて開催される予定だ。

同ハッカソンでは、DeFiの基礎について学べるプレイベントや、ハッカソン期間中にDeFiのサービスやプロトコルを提供している代表的な海外のプロジェクトによるセミナーなども予定されている。また、DeFiに詳しくブロックチェーン技術にも長けたエンジニアがメンターとして参加するため、DeFiについて詳しくない場合でも参加できるイベントになっているとのことだ。

同ハッカソンへの参加費は無料。賞金総額は20万円となっており、DeFiやブロックチェーンのアプリの開発に興味があれば誰でも参加することができる 応募はこちらのフォームから。

なお同ハッカソンは、グローバルでDeFiを代表するプロジェクトである、Kyber Network、MakerDAO、0xが後援しているとのこと。

・さらにプレスリリースには、DeFi周知の為にHashHubの子会社d10n LabよりDeFiに関するレポートが無料公開になっている
【レポート:2020年のDeFi(分散型金融)の10のトレンド予測】
【レポート:使えるDeFiサービスとクリプト×カード決済サービスのまとめ】  

編集部のコメント

DeFiとは、分散型金融(Decentralized Finance)の略称で、証券、保険、デリバティブ、レンディングなど金融分野において、スマートコントラクトなどブロックチェーンの技術が活用された金融システムの事を指します。スマートコントラクト内で保証される内容であれば、インターネットで繋がっている取引相手が信頼できなくても安心して契約を行うことができます。従来の契約では、仲介役として信頼のできる金融機関などが間に入っていなければ実現できなかったような契約内容が、仲介者なしに契約できるようになるのです。
DeFiが広がっていくことで金融包摂な地域など、あたらしいお金の流れが生まれることも期待されています。
今回のハッカソンのような場が増え、DeFiに興味を持つエンジニアが活躍できる場が与えられるのは、良い取り組みだと思います。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:arthobbit)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。