金沢工大と関西電力がブロックチェーン技術を活用した電力P2P取引の実証研究を開始

金沢工大と関西電力がブロックチェーン技術を活用した電力P2P取引の実証研究を開始

学校法人金沢工業大学と関西電力株式会社が、ブロックチェーン技術を活用し、電力の消費者と供給者が電力直接取引(電力P2P取引)を行う実証研究を2月21日より開始したことを同日プレスリリースにて発表

同実証研究は、同大学の白山麓(はくさんろく)キャンパス内に設置されている、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電設備や蓄電池等で構成されるマイクログリッドを実証フィールドとして利用され、同マイクログリッドからの電力供給を「電力の売り手」、教職員の寄宿舎の電力消費を「電力の買い手」として、両者の発電量や電力消費量に基づき、電力の直接取引が行われる。

電力の取引情報の管理については、関西電力が巽実験センター(大阪市生野区)にて実証研究している、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームが活用される。

同実証研究では、これにより発電方式の異なる複数電源からの供給量と、実際に使用している住居の電力使用量を用いることで、より実践的な実証研究を行うことができるとのこと。

また異なる複数の実証場所を対象に、同一のプラットフォームを活用することで、多様な取引環境に共通して適用できるプラットフォームの構築を図ることができるとのこと。

金沢工大において同実証研究は、ブロックチェーン技術を活用した電力直接取引にかかる初めての取り組みとなる。また同様の実証研究を実環境で実施するのは、関西電力としては初の試みとなる。

なお同実証研究は、2月21日~3月31日の期間にて行われるとのこと。

編集部のコメント

マイクログリッドとは、あるエリア内において電力会社の送配電網に頼らず、なるべく独自の発電設備からの電力供給と需要調整で運用される電力ネットワークのことです。 関西電力はブロックチェーンの実証実験を積極的に行っています。 2019年12月に同社は日本ユニシス株式会社と、太陽光発電によって生じた環境価値の売買価格の決定や「RE100」企業向けの取引ができるブロックチェーンを活用した新システムの実証研究を開始し、さらに同日オーストラリアのパワーレッジャーと共同で、同じく太陽光発電によって生じた環境価値の売電価格の決定や取引を行う実証研究も開始しています。

現在、電力・ガス各社はP2P電力取引プラットフォームの開発研究に力を入れています。その理由は、2016年以降の電力の小売り自由化により、電力の購買先を選択する消費者の認識が徐々に増えてきたことや、住宅用太陽光発電等の再生可能エネルギーの分散型電源を保有する生産消費者が増えてきたことから、発電した電力を売買する電力取引の仕組みに注目が集まっていることなど、エネルギー産業の環境の変化によるところがあります。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/19の話題】ビットコインが6ヶ月ぶりの高値で推移、バイナンスコインのトークンバーンなど(音声ニュース)

ビットコイン、ETFの期待とインフレ懸念から、6ヶ月ぶりの高値で推移、ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加、米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場、バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン、NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開、レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した

【10/18の話題】フォビジャパンが第一種金融商品取引業者の登録、米SECが「BTC先物ETF」初承認など(音声ニュース)

フォビジャパン、第一種金融商品取引業者の登録完了。証拠金取引サービス再開へ、米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、18日から取引所で取扱へ、野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加、米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ、テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに、米スクエア、ビットコインマイニング事業を開始か、ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加、ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも、アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行