コインチェックが新たにクアンタムを取り扱い開始へ

コインチェックが新たにクアンタムを取り扱い開始へ

コインチェック株式会社が、同社運営の仮想通貨取引所コインチェックにおいて、新たにQtum(クアンタム:QTUM)の取扱いを開始することを2月25日発表

取り扱い開始の日時については現状は未定で、後日に改めて通知されるとのこと。

今回の上場発表により、同取引所の取り扱い銘柄はBTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUMの12種類となる。

なお、同社の新規取り扱い銘柄の発表は、11月に上場されたStellar Lumens(ステラルーメン:XLM)以来となる。

編集部のコメント

Qtumは2016年12月に公開された仮想通貨です。コンセンサスアルゴリズムにはProof of Stakeが採用されています。Qtumはプラットフォームとしては金融、エンターテインメント、医療サービス、エネルギーなどのDAppsをサポートしています。また、決済アプリケーションとの連携により、VISA及びApple Payが利用可能な海外の一部店舗ではQTUMトークンを決済手段として使用することができます。

またQtum Chain Foundationは、11月に株式会社HashPort Acceleratorと戦略的パートナーシップを締結したことを発表しています。 株式会社HashPort Acceleratorは、海外の実績あるブロックチェーンプロジェクトの日本展開を支援する「アクセラレータプログラム」の提供をする企業です。同プログラム2期としてNeo Foundationとともに契約をしています。アクセラレーター第1期には、Tezos Foundation.、Internet of Services Foundation(IOS Foundation)、Enjinと戦略的パートナーシップ契約をしています。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored