ブロックチェーン領域特化のPolychainが2号ファンドで2億ドル調達

ブロックチェーン領域特化のPolychainが2号ファンドで2億ドル調達

ブロックチェーン、仮想通貨領域に特化したベンチャーキャピタルPolychainの2号ファンドが2億ドルの資金調達を予定していると、Coindeskが入手したPolychainの資料によって明らかになった。なお、2億ドルは2018年に立ち上げた1号ファンドの額を2500万ドル上回る額となっている。

Polychainの2号ファンドは2020年の初めに開設され、最大3年間で100万ドルの最小投資からの投資を行うようだ。そして、1号ファンドと同様に、資金はアーリーステージのブロックチェーン領域のスタートアップを支援し、プレシード、シード、シリーズAの資金調達ラウンドをリードしていくようだ。

2号ファンドでは、秘匿性、開発しやすさ、ビジネス実装性などが強化されてきたプロジェクトDfinity、相互運用性を考慮したプロジェクトCosmosとPolkadotへの投資を優先していくようだ。1号ファンドでは、業界の基盤となるであろう取引所やカストディへの投資を中心に行いつつ、Defi領域では、MakerDAO、dYdX、Dharma、Compound、Coinlist、Celoなどに投資をしてきた。

編集部のコメント

Polychain Capitalはブロックチェーンスタートアップに特化したサンフランシスコなどのベイエリアを拠点にしているベンチャーキャピタルです。

創業したのは、取引所Coinbaseの最初の従業員であったOlaf Carlson-Wee(オラフ・カールソンウィー)です。Polychainへ投資しているのは、Andreessen Horowitz、Union Square Ventures、DHVC (Danhua Capital)、Pantera Capital、Abstract Venturesなどです。

そして、Polychainは1号ファンドで、5つのファンドを運用してきました。その5つは、(1)ポリチェーンマスターファンド、(2)ポリチェーンマスターファンドII、(3)ポリチェーンベンチャーズ、(4)ディフィニティ・エコシステムファンド、(5)ポリチェーン・オポチュニティーズファンドIとなっていました。

つまり1号ファンドで3つの機能を持ってきました。それは、Polychainは仮想通貨のヘッジファンドとしての機能、ブロックチェーンスタートアップへの投資機能、ブロックチェーンエコシステムの基盤となるプロジェクトなどへの投資機能です。

あたらしい経済は、2号ファンドではヘッジファンド機能に機関投資家の資金が流動し、その資金も含めてよりスタートアップやエコシステムへの資金が流動していくのではないかと考えています。

いずれにせよ、Polychainはブロックチェーン領域において核となるベンチャーキャピタルであることは間違いないでしょう。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Panuwat-Sikham)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。