JPモルガンのQuorumがConsenSysに6ヶ月以内に吸収か

JPモルガンのQuorumがConsenSysに6ヶ月以内に吸収か

JPモルガン・チェースのブロックチェーンプロジェクトQuorum(クオーラム)が、ConsenSys(コンセンシス)に6ヶ月以内に吸収(合併/マージ)される可能性がある、とロイター通信が報道した

まだこのマージに関する金銭的条件や、合併後にQuorumのスタッフがConsenSysに参加するかどうかは明らかになっていない。現在Quorumに関わる人数はグローバルで25人となっている。

なおJPモルガンが提供しているIIN(Interbank Information Network)はQuorumを基盤にグローバルで220社以上のコンソーシアムで運営されているが、マージしたとしても運用に問題はないだろうとロイター通信は関係者からの意見として報道している。

編集部のコメント

2016年にQuorumはイーサリアムチェーンを企業が利用しやすいように設計されたパーミッションド型ブロックチェーン(プライベートチェーン )です。MicrosoftのAzureとパートナーシップを結んでいることもあり、Azureを利用すれば、Quorumを簡単に利用し始めることができます。

役割としては、Microsoft がノードの運用や管理をしてくれるため、ユーザーはQuorum上でアプリケーションの開発に集中することができます。

ここで、ユースケースをいくつか紹介させてもらいます。
(1)LVMHが商品流通のトラッキングシステムをQuorumブロックチェーンで開発
(2)スターバックスがAzure Blockchain ServiceでQuorumを活用して、コーヒーの生産のトラッキングシステムを開発
(3)MUFGがKomgo(Quorumベースの開発企業)と連携して、貿易金融プラットフォームを開発などが、あげられます。

このようにJPMorganが開発してきたQuorumは非常に多くの企業を既に取り囲んでいる状況です。ConsenSysとどのようなマージの方法をとるのか、明らかではないですが、良い取引になることを祈るばかりです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,champc)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored